2018-01-29

奈良県立美術館で、きたまちの紹介展示

先週末は、若草山の山焼きでした。

IMG_20180127_182741.jpg

藍布のすぐ裏手にちょうどこの山焼きの様子を眺める隠れスポットがあって、
夕方6時過ぎに花火の音が聞こえ始めたのを合図に、ちょっと見物に行ってみたら既に沢山の人がいました(;^ω^)

ここ数日、ぱらっと小雪が舞ったりするものの基本的には晴れて良く乾いていたせいか、華やかな冬の花火の後に夜空を照らす炎も景気良く燃えていました。

その同じ27日から、県立美術館では「奈良きたまちの古今発見」と言う展示が始まりました(3月25日まで)。
きたまちに点在する歴史的なスポットや、最近ぐっと数が増えた店舗や施設を、パネルやジオラマで判りやすく紹介しています。
期間中の週末には「奈良きたまち・古今を語る」と言うミニレクチャーも予定されています。

IMG_20180124_065304.jpg


この展示と連動して、お得なガイドブックが美術館で無料配布されます。
掲載されているカフェや物販店などで、ガイドブックを提示するとお得なサービスが受けられるもの。
藍布も参加しています(^^)/

IMG_20180124_065431.jpg

また、同時期に一刀彫や赤膚焼きなど奈良の伝統技術を紹介する企画展も開催されていて、こちらは有料なのですが、
少しだけ、藍布でチケットをご来店のお客様にプレゼントしております。
IMG_20180124_065336.jpg

この機会に是非、美術館→藍布、あるいは藍布→美術館、そしてきたまちぶらぶら歩き、お好きなルートで是非まわってみてください(^^)/
2018-01-23

薬膳ランチ:昨日までの季節の養生ランチコース

アップが遅れてしまいましたが、こんな感じでしたー!

IMG_20180118_142422.jpg

お品書きは、

厚揚げのベトナム風トマト煮
茹で野菜のインドネシア風サラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20180119_114350.jpg

韓国風炒り鶏
落花生と黒米とキビ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:さつま芋のモンブラン
バラと陳皮の紅茶

以上でございます。

寒中にしては暖かい日がしばらく続きましたが、昨日は一気に寒波がやってきましたね。
東京や横浜は大雪で大変だったそうで、奈良は幸いほんの少しの雪でしたが、引き続き冷たい風が吹いています。

さて一品目は、乾燥を中から潤す豆腐やトマトを、体を冷やさずに摂ることが出来るベトナムのお総菜です。
この時期は体を温めるものが勿論メインになりますが、乾燥した空気で喉をやられがちでもあるので、潤う食材もバランスよく採り入れたいですね。
お次はジャガイモやブロッコリーなどの茹で野菜に、ピーナッツペーストやサンバルと言うインドネシアの辛味調味料を合わせて作ったソースをかけたサラダです。
この、コクがあってピリ甘辛なソースは毎回好評いただいております(^^)/
落花生にはもともと肺をケアして空咳など改善する働きがあるので、うまく料理に採り入れるといいですね。

メインは、韓国風の炒り鶏です。
肺や胃をケアするレンコンや血を補うニンジンと行った根菜に、コチュジャンやごま油の加わった煮汁が染みて、ご飯が進むことは勿論、かなり体が温まります。
韓国料理と言うとやはり焼き肉のイメージが強いですが、こうした家庭の煮込み料理には実は日本と近いものが結構あります。

ご飯は、落花生と黒米とキビをブレンドしました。

デザートは、さつま芋のモンブランにココナッツミルクを合わせたもの。
今回、紅はるかと言う品種を使いましたが、糖度が高く、加えたキビ砂糖もほんの少しで済みました。
お客様から「わ~、これいくらでも食べられそう」と言うお声を頂戴しました(^^♪

今日明日は店休日をいただいております。
明後日25日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
この寒さしばらく続くようですので、補陽の働きをより意識したものをと思っております。
メインは、香港式マレーシアのビーフココナッツカレー。「香港式」「マレーシアの」ってどっち?って思われるかもしれませんが(笑)、
らんぷ店主が香港のレストランで食べた味です。
基本はマレーシアなんだけどやっぱりちょっと香港チック、なお味。ほどほどスパイシーでコクがあって温まります。
野菜料理は、パラグアイ式の根菜スープ煮や、春菊と白菜のサラダなどを予定しています。
どうぞお楽しみに。





2018-01-15

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20180111_132508.jpg

お品書きは、

カボチャとインゲンの粒マスタードサラダ
厚揚げと野菜のザーサイ炒め
薬膳スープ

そして、

IMG_20180111_132926.jpg

白い根菜と豚ばら肉のベトナム風ポトフ
黒米とキビとピーナッツ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:八宝みつ豆の冬バージョン
ジンジャールイボスティー

以上でございます。

寒の入りらしく冷え冷えの週でしたね。北陸など豪雪の地域は大変だろうと思います。

そんな週の一品目は、カボチャの甘みに粒マスタードがアクセントになったサラダ。
身体を温めて気を補うカボチャ、こんな風にサラダにすると朝のパンにも合いますし、お弁当にも重宝します。
トッピングは写真ではちょっと見えにくいですが、クルミやアーモンドを刻んだもの。
クルミはエイジングを司る腎を補うほか、健脳食としても知られますし、アーモンドは血行をスムーズにして手先など末端の冷えの改善にも役立ちます。
カボチャのホクホクとナッツ類のカリカリで美味しさもアップしますしね。

お次は、厚揚げとキャベツやニンジン、パプリカなどを干しエビとザーサイの旨みと塩気で炒めたもの。
冬のキャベツは、火を通すとぐっと旨みが出ますね。炒める時は、ちょっとだけ焦がす感じにするといい感じです(^^♪
豆腐は涼性、キャベツは平性ですので、味付けに使う干しエビやザーサイで旨みとともに温め効果を狙いました。

薬膳スープには、引き続き、肺や喉をケアする百合根や杏仁などの生薬をブレンドしています。

メインは、やはりカゼやインフルエンザ流行中ということもあり、肺や呼吸器を潤してウイルスを寄せ付けないからだ作りに役立つ大根やレンコンをたっぷり入れたベトナム風のポトフ。
豚バラ肉は勿論ですが、この根菜からもとてもいい出汁が出るのです。
お客様から「ひとくち目は感じなかったけど飲み干すほどに出汁が濃厚~」と言うお声を頂戴しました。
そうなんです、食べ終えるころに満足感を持っていただけるようにと思いながら味付けをしているので、嬉しかったです(^^)/

デザートは、色々な雑穀やお豆さんを取り合わせた定番人気の八宝みつ豆、温め系のもち米多めの冬バージョンです。

食後のドリンクは、寒さの底と言う感じの週でしたので、ジンジャールイボスティーを。

明日明後日は店休日をいただきまして、18日木曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次は、韓国風炒り鶏です。ピリ辛甘い味が染みたレンコンやニンジンで、ごはんが進みます。
野菜料理は、体を冷やさず中から潤す厚揚げのトマト煮や、ピーナッツソースがいつもご好評いただけるインドネシア風のサラダなど予定しております。
どうぞお楽しみに。

2018-01-13

おかげさまで五周年を迎えました

アジアのごはんの美味しさ・楽しさはそのままに、漢方理論をベースにした季節の養生に繋がるランチをメインに楽しんでいただく「あじあの薬膳おばんざい藍布」をならきたまちにオープンして、1月11日で丸五年となりました。

思いがけず、綺麗なお花を頂戴しました。

IMG_20180111_113250.jpg

IMG_20180111_114236.jpg

IMG_20180111_094611.jpg

この冬一番の寒波ですが、店の中はいつもより華やいでいます(^^)/

11日、12日は感謝daysと言うことで、ランチのデザートを盛り合わせにしてご提供。
IMG_20180111_133132.jpg

この週のグラスデザートの八宝みつ豆に、酒粕入りのチーズケーキ・龍眼肉ソース添えと、アーモンドと米粉入りクッキーです。

5年間続けて来られたのも店に来て下さるお客様、支えて下さる色んな方のおかげです。
まだまだ課題も沢山の店ですが、引き続き「美味しく食べて元気&キレイになれるアジアごはん」の提供の場づくりに頑張って行きたいと思います。

2018-01-08

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20180108_062450.jpg

お品書きは、

レンズ豆とじゃがいものスパイスサラダ
白菜と大根のサラダ・韓国風ドレッシング
薬膳スープ

そして、

IMG_20180108_062944.jpg

フィリピン風ピーナッツ風味のビーフシチュウ
黒米とピーナッツ、キビ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:紫芋ともち米のココナッツミルク
陳皮とバラ入り紅茶

以上でございます。

2018年最初の養生ランチ、しっかり体を温めるとともに、年末年始のご馳走続でお疲れ気味の胃腸をケアすることも意識した献立にしました。

一品目、じゃが芋とレンズ豆をそれぞれ程よい歯ごたえに茹でて、コリアンダーやクミンなど健胃作用のあるスパイスを使った一味違うポテトサラダです。
芋類も豆類も、気を補い、脾(胃腸の消化機能)の力もアップするのに役立つ食材です。
次のサラダは対照的にシャキシャキな歯ごたえ。
大根は肺や喉の余分な熱を鎮めて潤いを与え、カゼ予防にも重宝しますし、脂っこいものの消化も助けてくれます。
天ぷらや和風ハンバーグに大根おろしを合わせるのは、美味しいってだけじゃないんですね。
白菜も胃腸を助けるほか、酒毒を除くとも言われ、二日酔いにおススメの食材です。
火を通して食べるイメージが強いですが、生で千切りした白菜は、シャキシャキ瑞々しくて意外な美味しさ。
実は、大阪の谷町時代にバイトスタッフとして来てくれていた中国からの留学生にこの方法を教わってから、藍布の冬の野菜レシピに登場するようになりました。
大根も白菜もいずれもどちらかと言うと冷やすタイプの食材なので、ドレッシングはコチュジャンをきかせた韓国風に。
冬の寒さに弱い腎を補う黒のすりゴマもたっぷり入れています。

さてメインは、見た目カレーで味は全くカレーとはかけ離れているため、
初めて召し上がるお客様はほぼ例外なく驚かれる、フィリピンのビーフシチュウです。
ピーナッツペーストとスパイスのターメリックでこんな色に。
不思議な味なんですが、ごはんにとてもよく合う、日本人好みのシチュウです。
ピーナッツは肺や呼吸器をケアして、空咳などの改善に役立ちます。
元々この料理は茄子やインゲンなど夏野菜との相性バッチリで、夏バテ防止料理としてお出しすることも多いのですが、
血を補うにんじんと腎を補うブロッコリーに変えて、冬仕様にしました。
ビーフシチュウと言いながら、牛肉の3倍ぐらい野菜が入っています(^^♪

ご飯は、腎を補う黒米と消化機能を助ける温性のキビ、そして歯ごたえが豆のような茹でピーナッツをブレンドして炊きました。

デザートは、鮮やかな紫いもともち米を別々に炊いて冷まし、ココナッツミルクのソースをかけたものを。
身体を温めて気を補い、紫芋のアントシアニンでエイジングケアも期待できるスイーツです。

明日明後日は店休日をいただきまして、11日木曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お伝えしている通り、11日でオープン丸五年です。11日と12日は感謝デーとして、デザートを盛り合わせスタイルでご提供予定です(^^♪

メインの煮込みは、インフルエンザも流行期と言うこともあり、肺や呼吸器を補う白い野菜たっぷりのベトナム風ポトフを予定しています。
野菜料理はほくほくカボチャに粒マスタードをきかせたサラダなど、デザートは、定番人気の八宝みつ豆・冬バージョンです。
どうぞお楽しみに。
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ