2018-04-05

4月の薬膳ごはんセミナー


<4月の薬膳ごはんセミナーご案内>
(※満席となりました。若干のキャンセル待ちを受け付けております)

今回のテーマは、「春の意外なストレスと、頭痛について」
4月と言えばお花見、行楽シーズン到来ですが、
年度替わりでもあり、卒業や就職・転勤や引っ越しなどなど、生活環境が変わることも多いですね。
自分は動かなくても職場環境が変わったり、知らず知らずのうちに緊張やストレスがたまることも。
タイプ別のストレス対策について、採り入れやすいものをお話しします。
そして、意外に多いのが頭痛もちの方ですが、こちらも、冷えや水の巡りなど、体質別の養生ポイントをご紹介します。

季節の養生ランチと薬膳スイーツセットもフルで楽しんでいただけるお得なセミナーです。


日時:4月15日(日)12:00~14:40ごろ
場所:あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)
奈良市法蓮町1232 (近鉄奈良駅から北に徒歩約15分)


料理とお話:藍布店主 里井啓子
(日本漢方養生学協会認定 漢方スタイリスト・養生薬膳アドバイザー)

参加費 3500円(ランチ、スイーツセット、資料代込)

お申込み:ブログのコメント欄(管理人のみに公開)にて参加者のお名前、人数、連絡先電話番号をお知らせください。こちらからの返信をもって受付完了です。
万が一、コメント送信後3日経ってもこちらからの返信が無い場合は、恐れ入りますが店までお電話をお願いいたします(0742-27-1027)。
当日は筆記用具をご持参ください。調理などの実習はありません。

キャンセル料:セミナーの2日前以降は半額、前日及び当日は全額になります。代理のご参加があればキャンセル料はかかりません。

このセミナーは「あやごんのゆったり生きよう企画」と藍布との共催です。

IMG_20161012_151051.jpg
まず最初にこの季節の薬膳ランチをメインディッシュまで召し上がっていただきます(写真は一例です。当日の料理は変わります)

お食事後に、セミナー開催。

IMG_20160922_142108.jpg
(以前のセミナーの様子です)

休憩時間の薬膳デザート盛り合わせの一例です。
IMG_20160922_141029.jpg
2018-04-02

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20180331_122638.jpg

お品書きは、

新じゃがのサブジ
春キャベツとブロッコリーのチリソースサラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20180331_123136.jpg

タケノコと黒キクラゲと豚肉のカンボジア風しょうゆ煮込み
黒豆とハトムギ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:クコとパイナップルのゼリー・ココナッツソース
ベトナムのハス茶

以上でございます。

良いお天気が続いて、お花見weekでしたね。
藍布にも、「佐保川の桜見ながら歩いてきたわ~」とご来店の方が何組かいらっしゃいました。
らんぷ店主も、買い物の行き帰りの「花チラ見」でしたが、明るく優しい色合いの桜のカーテンが川面に揺れるさまを楽しむことが出来ました。

さてそんな週の一品目は、新じゃがの季節に何度も作りたいインドのスパイス炒め煮、サブジです。
マスタードシードを油に入れてぱちぱちはぜてきたところに皮ごとゴロゴロっと切った新じゃがを入れて蒸し焼き風にしてスパイスを絡めたもの。
じゃが芋には気を補って疲労回復する働きがあり、クミンやコリアンダーなどのスパイスはお腹を温めて消化能力を高めてくれます。黄色いターメリックはこの時期解毒で忙しく働く肝を補ってくれます。

お次は、軟らかくて甘味のある春キャベツにブロッコリー、青しそ、マリネにしたプチトマトをあしらってスイートチリソースをベースにしたノンオイルの甘酸っぱいドレッシングをかけたサラダです。
健胃作用のある春キャベツを中心に、腎を補うブロッコリー、香りで気を巡らせてお腹を温めるシソ、肝のケアをするトマトを合わせた春のストレス軽減に役立つ組み合わせです。

メインは、余分な熱を鎮めて整腸作用のある旬のタケノコをたっぷり使い、血を補う黒キクラゲ、滋養を補う豚ばら肉と共にあっさりした味付けで軟らかく煮込んだカンボジアのおばんざい。
タケノコと黒キクラゲの組み合わせは、ニキビなど痛みや赤みのある吹き出物のお悩みにも良い組み合わせです。
挽きたての黒コショウの他は唐辛子もカレー系のスパイスも使わない和食を思わせるあっさり味ですが、豚肉と魚醤のダブルの出汁の旨みがきいています。

ごはんは、体の水捌けを良くしても補う黒豆を炊いたものと、やはり水巡りを良くしてむくみなどに対応するハトムギをブレンドしました。

デザートは、肝と腎の血を補って疲れ目などにアプローチするクコの実と、潤い補給に良いパイナップルを組み合わせた果肉感たっぷりのゼリーにココナッツミルクのソースを添えました。
パインとココナッツ、南国モノ同士でさすがの相性です。

急に昼間の気温が上がってきたので、食後の養生のお茶は今年初めてのベトナムのハス茶です。
香りで気を巡らし、ほてりをクールダウンしてくれます。

明日明後日は店休日をいただいて、5日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、カボチャとタケノコをたっぷり使ったタイのココナッツグリーンカレー。
春のカレーですね。
野菜料理は、春の甘みのあるニンジンを使ったナムルや、新玉ねぎのサラダなどを予定しています。

どうぞお楽しみに(^^♪
2018-03-27

薬膳ランチ:昨日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20180322_132650.jpg

お品書きは、

ニンジンとグリーンレーズンのレモンマリネ
新玉ねぎとコーンの粒マスタードサラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20180323_121323.jpg

新じゃがと鶏肉の韓国風みそ煮込み
黒豆とハトムギ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:八宝みつ豆
バラと陳皮入り紅茶

以上でございます。

一品目は、グリーンレーズンの甘みとレモンの香りで生のニンジンもさっぱり美味しく食べられるマリネです。
ニンジン、レーズン共に漢方薬膳的には血を補います。化学肥料や農薬を使用していない和歌山産のレモンを沢山仕入れたので、塩レモンを仕込んでマリネにしました。
爽やかな香りで気を巡らすので、気候も環境も何かと不安定な春先のちょっとしたイライラにもいいですね。

お次は、だいぶ出回ってきた新玉ねぎをたっぷり使ったサラダです。
相性の良いコーンと、粒マスタードベースのドレッシングで和えました。
玉ねぎ自体は活血と言って血の巡りをサラサラスムーズにしてくれますし、新玉の柔らかな甘みはストレスで弱りやすい胃腸の働きを助けてくれます。
コーンには利水作用があるので、むくみが気になるときに良いですね。

メインは、やはり旬の新じゃがのジューシイなホクホク感を活かした、鶏肉との韓国風みそ煮込みです。
コチュジャンや味噌をベースにしたちょっぴりピリ辛甘い味が芋や肉に浸みて、ごはんとの相性も抜群です。
ジャガイモも鶏肉も、消化にやさしく気を補う食材です。

デザートは、定番人気の八宝みつ豆、お腹を温めるもち米少し多めのバージョンです。

先週の春分の日は各地で氷雨や雪まで降る強い寒の戻りがありましたが、ここ2,3日は昼間ぐっと気温も上がって外を歩くと汗ばむほど、でも朝晩はやはりヒンヤリしますね。
服装の調節と共に、お腹を冷やさない献立で桜を始め春の花見を楽しみたいものです。

今日明日は定休日をいただいております。
明後日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはん皆様のお越しをお待ちしております。
お次はいよいよタケノコ登場、カンボジアのシンプルあっさり滋味深い豚肉との煮込みです。
野菜料理は、春キャベツをたっぷり使ったラオス風サラダや新じゃがサブジ、デザートは爽やかなパイナップルのゼリーを予定しています。
どうぞお楽しみに。
2018-03-22

イベントご報告ふたつ:古代食ランチの会とおいしい二十四節気

すっかりご報告が遅くなりましたが、今月3月に藍布でおこなわれたコラボレーションイベント二つのご紹介です。

一つ目は、3月13日火曜日の昼間に開催した、奈良県・奈良女子大学の合同プロジェクト、「古都恋都ぐるめ」で開発した「古代の人に食べていただきたいワンプレートランチ」を、実際に奈良市内の飲食店二店で召し上がっていただくというものです。

当日のお料理はこんな感じ。

IMG_20180313_122837.jpg




全体の流れについては、県のHPにある古都恋都ぐるめのブログこちらをご覧ください。


そして二つ目は、「よもやーろ」さんとのコラボ「暦を食べよう・おいしい二十四節気、春分の巻」。
21日まさに春分の日の夜に開催。

前日から季節が逆戻りしたかのような氷雨が降り続いていましたが、リピーターの方から初めての方までカウンター一杯にご参加いただき、俳人でもあり暦に関する講座も数多く行っている倉橋みどりさんの楽しいお話の後、藍布の春分の養生晩ご飯を召し上がっていただきました。

IMG_20180321_182727.jpg

IMG_20180321_185325.jpg

この夜の献立は、
生春巻など野菜料理二品に薬膳スープ、
ターメリックライスとマレーシア魚カレー、
デザート盛り合わせと春の美肌薬膳茶でした。

去年の4月からもちいどの商店街エリアの中華粥「穀雨」さんと会場を交代しながら全8回、うち4回を料理担当させていただきました。

2018-03-22

薬膳ランチ:月曜日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20180315_121755.jpg

お品書きは、

春キャベツの自家製塩麹漬け・レモン風味
新じゃがとレンズ豆のスパイスサラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20180315_122430.jpg

色々キノコと合い挽き肉のタイ風ココナッツ赤カレー
黒豆とキヌア入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:さつま芋ともち米のココナッツミルク
菊花烏龍茶

以上でございます。

3日前までのランチの話なのにご報告すっかり遅くなってしまいました。
先週の古代食ランチを楽しむ会、昨日の「暦を食べよう・おいしい二十四節気」と、食のイベントが続いたのですが、バタバタしていてそれらもブログにきちんとアップできていません(^^ゞ
そのうち、ぼちぼち行きますので気長にお待ちいただければ幸いです。

さて、気を取り直して。一品目は、ちょくちょくお作りしているものですが、春キャベツの時期には更にたっぷり食べたい塩糀漬け。
生姜と陳皮を合わせることが多いですが、今回は和歌山産のオーガニックのレモンを多めに仕入れたこともあり、皮の部分を千切りにして、レモン汁も少し加えたすっきり爽やか系です。
気を巡らせるレモンと、脾を補うキャベツや糀で、春先のストレスで弱りがちな消化機能を助けてくれますね。

お次はやはりおなかの調子を整えてくれる新じゃがとレンズ豆を、ターメリックやコリアンダーシードなどカレー風味のスパイスでサラダに仕立てたもの。唐辛子系は入っていないので、マイルドカレー味のポテサラです。
芋類は元々、脾の気、消化機能をアップしてくれるものが多いですが、今の時期の春野菜の甘みもまた、ストレスでやられやすい胃を助けてくれるのです。
どんなに栄養価の高いものでも、まずお腹が元気で消化吸収してくれないと役に立たないので、薬膳の基本は「消化に負担をかけないこと、消化力をアップするもの」ですね。
パステルイエローの春らしい色合いのサラダ、朝食やお弁当にもいいですね。

メインは、キクラゲやシメジ、フクロタケなど色んなキノコ類と合い挽きの挽き肉を具にした、タイのココナッツ赤カレーです。
日本では緑カレーの方はすっかりポピュラーになりましたが、タイには赤青黄、信号のように三色あります。
キノコ類も、気を補って体の免疫力アップに役立ちます。黒キクラゲは特に血を補うほかに、体内に入ってしまった有害ミネラルなど要らないものを吸着して排出してくれるデトックス力も持っています。
オーガニックなどどんなに気を付けていてもある程度は入ってしまうものですから、きちんと出すことも大事ですね。

ご飯には腎を補って体の水巡りもよくする黒豆と、鉄分やビタミン豊富なキヌアをブレンドしています。

デザートは、さつま芋ともち米のココナッツミルク。お腹を温めて気を補う東南アジアのオヤツです。

養生のお茶は、目の充血や痒みなど炎症を鎮める菊花をブレンドした烏龍茶を。

以上が19日月曜日までのランチコースのご報告でした。

そして今日22日からはガラリと変わったアジアのごはんで、皆様のお越しをお待ちしております(^^)/
今日からのメインは、ホクホクの新じゃがと鶏肉を、韓国風のコチュジャンのきいたピリ甘辛な味で煮込んだもの。
レモン風味のニンジンマリネや、新玉ねぎの粒マスタードサラダ、八宝みつ豆などなどです。





プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ