2017-05-02

萬葉植物園

店休日をいただいております。

先週末のお客様から、春日大社の藤が満開~、と言うお話をお聞きしてから気になっていたこともあって、
今日の仕込みが一段落したところで、買い物のついでに久方ぶりに春日大社まで足を延ばしてきました。

昼間は半袖一枚でも十分なぐらいの暑さでしたが、不思議なことに一の鳥居をくぐると、
体感温度が2,3度は下がったような。
背の高い樹木が沢山あるせいでしょうか。

春日大社のシンボルであると言う藤の花、植物園の中には20種類、約200本もあるそうです。
当初の目的はその藤だったのですが、園に入って目に入るのはやはりと言うか、
薬用植物の色々。

IMG_20170502_135703.jpg
まだ丸坊主のナツメの樹。


IMG_20170502_135650.jpg
植物園と言うのはこんなふうに説明書きがあるので、勉強になりますね。


IMG_20170502_135913.jpg
水草みたいなオモダカ。これは沢瀉(タクシャ)という、身体の水捌けを改善する生薬になります。
「五苓散」などの漢方薬に入ってますね。


IMG_20170502_135101.jpg
これ、なんと大根の花と根っこ(って、大根そのもの)。
栽培でもしていない限りこんな風に見ることって少ないせいか、他の観光客の方々も口々に、
「見てみて~~!大根!!」と、写真撮っておられました(^^ゞ

大根も、その種は「ライフクシ」と言って、消化不良のときの生薬になりますね。
野菜の大根そのものも、秋刀魚や天ぷらに添える大根おろし、脂っこいものの消化に良いのです。


IMG_20170502_140430.jpg
さて、藤です。
この麝香藤、名前の通り、他の種よりも芳香が際立っていました。


IMG_20170502_140955.jpg

ともかく至る所藤がびっしりで、見ているだけで満足してあまり写真は撮らずじまい(^^ゞ
藤棚や鉢植えは、たおやかな感じですが、高木にしっかり巻き付いて何メートルもの高さに伸びているのを見ると、
花の繊細さだけでなく、実は強靭な植物でもあるのだなぁと思いました。

賑やかな植物園を抜けたあと、帰り道もまた、樹木の涼しい氣を沢山いただいてきました。

藤のピークはゴールデンウイーク中のようですが、遅咲きの種はこれから見ごろを迎えます。
来週ぐらいまでは楽しめそうです。




2017-05-01

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20170427_131741.jpg

お品書きは、

ニンジンとトマトのチリソースマリネ
タケノコと彩り野菜のシンガポール風炒め
薬膳スープ

そして、

IMG_20170427_132220.jpg

新じゃがと鶏の韓国風みそ煮込み
黒米とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:さつま芋ともち米のココナッツミルク
ライチ紅茶

以上でございます。

ゴールデンウイークに入り、奈良公園の藤を楽しんだり、開催中の運慶展などご覧になられてのランチにお越しのお客様で賑わった週末でした(^^♪
昼間は半袖でも良いぐらいの陽射しですね。

一品目は、藍布のランチに時々登場するチリソースベースのマリネ、
紫外線が気になるのに比例して、トマトの割合がアップしてゆきます(^^♪
漬け汁に漬かった感じですが、この水分もほぼ、トマトとニンジンから出たものです。
キュッと飲み干して下さるお客様も多いので、しょっぱくなりすぎない味付けにしています。
トッピングしているのは、グリーンレーズン。
トマトやニンジンの抗酸化作用、甘みと酸味の組み合わせで「酸甘化陰」、体内で潤いを産み出すと言う漢方薬膳の理論を活用して、ダブルで紫外線ケアを狙いたい一品です。

お次は、タケノコをメインに、小松菜や春キャベツやパプリカなどの野菜、それに春雨や薄揚げなどを盛り合わせて、
シンガポールのフードコートなんかでよく食べたマイルドな味付けの炒め物。
野菜ばかりでもお揚げさんでコクが出ますし、干しエビやオイスターソースを使っているので旨みたっぷりです。
色々な歯触りが一度に楽しめるので、脳みそが程よく刺激を受けて頭がシャキッとする感じ(笑)

メインは、新じゃがが主役の韓国風の煮込み料理。
コチュジャンや味噌、鶏肉の旨みを吸い込んだおじゃがが好評でした。
皮ごと食べられるのも、今の時期ならではですね。
「わ~、ウチでも真似してみたい」と言うお声を何度か頂戴しました。
ご家庭の肉じゃがを、コチュジャンやごま油でちょっとアレンジしてみるのも良いですね。

ご飯は、黒米と、アワ入りです。
そろそろ温性のキビから、やや涼性のアワにシフトして行きますが、キビもアワも補脾と言って、消化機能を助けて食べたものを活動する力に変えてくれます。

デザートは、さつま芋ともち米のココナッツミルク。
さつま芋は、シナモンやクローブも入ったインドネシアのジンジャーシロップを加えて煮ました。
気を補い、お腹の調子も整えるスイーツです(^^)/

食後の養生のお茶は、氣血を補うライチの香りをブレンドした紅茶を。

明日明後日は店休日をいただきまして、4日木曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、鯖のスリランカ風ココナッツカレーです。
鯖を使っていますが、青背の魚が苦手な方にも無理なく召し上がっていただけるカレーです(^^)/
野菜料理は、ワカメやコーンを使ったさっぱりとして体の水巡りもよくするサラダや、引き続き旬の新じゃがを使った一品を。
デザートは、ぷるるん系のパイナップルとクコのゼリーを予定しています。
どうぞお楽しみに。








2017-04-24

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20170421_122020.jpg

お品書きは、

厚揚げのベトナム風トマト煮
春キャベツの自家製塩糀漬け・陳皮風味
薬膳スープ

そして、

IMG_20170421_132017.jpg


タケノコたっぷりタイ風ココナッツ赤カレー
黒米とモチキビ入りご飯
大根の香味醤油漬け
デザート:龍眼とマンゴーのゼリー、ココナッツミルク添え
伊予かん入りウーロン茶

以上でございます。

ソメイヨシノは早くも葉桜となり、奈良では今八重桜が見ごろを迎えています。
行楽シーズンですが、朝晩と昼間の気温差が大きく、
昨日今日の奈良は一日の間に温度が20度近くも上がったり下がったり(-_-;)
衣服で調整はするものの、体のほうもついていくのが大変ですね。

さて、そんな週の一品目は、潤す食材をお腹を冷やさずにいただける、ベトナムのおばんざいです。
紫外線防止の強い味方トマトを厚揚げと一緒にシンプルな味わいで煮込んでいます。
リピーターのお客様から、この「らんぷ通信」のレシピ欄でチェックして、ご家庭でもトライしてくださってるとお聞きしました(^^♪

お次は、今の時期に何度も食べたい春キャベツの甘みを生かした塩糀漬け。
生姜と陳皮で風味付けをするとともに胃腸の働きを助けるという一石二鳥を狙った藍布スタイルです。

メインは、タケノコに赤いパプリカやヤングコーン、合い挽き肉を入れたタイのココナッツ赤カレー。
タケノコは体にこもった熱をとって咳や痰を鎮めます。
今の時期、若竹煮やタケノコご飯を楽しむご家庭もあるかと思いますが、
アジア共通の食材ですから、タイでもベトナムでも使われているのです。
最近ポピュラーになったグリーンカレーに入れても美味しいですよ。
ただ、タケノコはあまりたくさん食べると吹き出物が出たり持病が悪化すると漢方では考えますので、
ほどほどの旬の味を楽しんでください。
ヤングコーンは体の水巡りをよくしてくれますし、パプリカの鮮やかな色合いは日焼けによるお肌の老化を防いでくれますから、
これからの季節、頼りにしたいアイテムですね。

ご飯は、老化とかかわりの深い腎を補ってくれる黒米と胃腸の働きをアップしてくれるモチキビをブレンドしました。

デザートは、龍眼というトロピカルフルーツをカットしたものとマンゴーをピュレにして合わせ、ゼリー仕立てにしてココナッツミルクを添えました。
龍眼(ロンガンとも言います)は、ライチによく似た半透明の甘いトロピカルフルーツですが、果肉を乾燥させると「心血を補って不安感や不眠にきく」漢方の生薬にもなります。
中華圏や東南アジアの人々は、旬の時期にはフレッシュなものを、それ以外の時期には乾燥させたものをドライフルーツとして気軽に食べています。

養生茶は、無農薬のいよかんの皮を干しておいたものをウーロン茶と合わせました。
いよかん自体の香りはぐっと弱まるのですが、お茶の香りに丸みが出てちょっとさわやかさが増した感じ。
柑橘系の香りは、気の巡りをスムーズにして、消化や免疫力のアップにも役立ちます。

明日明後日は店休日をいただきまして、27日木曜日からはまた、がらりと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、新じゃがと鶏の韓国風ピリ甘辛な煮込みです。
コチュジャンのきいたこっくり味が新じゃがのホクホク感とぴったりの、ご飯が進む味です(^^♪
野菜料理は、トマトと人参のチリソースマリネと、タケノコや春雨などをうまみたっぷりに炒めたものを。
デザートは、サツマイモの一品を予定しています。
どうぞお楽しみに。



2017-04-24

ゴールデンウィークの営業についてお知らせ

早いものでもう今週末からゴールデンウィークですね。

5月2日火曜日・3日水曜日は通常通りの定休日とさせていただきます。
4日~7日の祝日・土日は勿論営業いたしておりますので、気候の良い時期、奈良散策の折にお立ち寄りください。

養生ランチと薬膳スイーツでお越しをお待ちしております。



150308_1850~01

↑写真は、以前、台湾の街歩きで見かけたレンガの壁に描かれたウルトラマン?!です。
本文と直接の関係はありません。



2017-04-17

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20170414_124344.jpg

お品書きは、

ニンジンのナムル
春キャベツと香り野菜のニラドレッシングサラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20170414_124810.jpg

タケノコと豚とキクラゲのカンボジア風しょうゆ煮込み
黒米ともちキビ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:黒ゴマと酒粕のクリーミイプリン
陳皮入り烏龍茶

以上でございます。

四月初旬までは肌寒い日も多かったのですが、今週は一気に昼間の気温も上がり、陽射しの強さが気になる日も多かったようです。
そろそろ紫外線ケアも必要ですね。

さて、一品目は白のすりゴマをたっぷり入れたにんじんのナムル。
春先のにんじんの甘みはこの時期バランスを崩しやすい胃腸の働きを助けてくれますし、豊富なカロチンはお肌を丈夫にするのにも役立ちますね。トッピングしたクコとともに疲れ目にもアプローチしてくれます。
お次は春キャベツに紫蘇やカイワレなど香りにアクセントのある野菜をトッピングして、ニラたっぷりの自家製ドレッシングをかけたもの。
香りのある野菜は気のめぐりを良くしてくれるので、今の時期のストレスの軽減にも役立ちそうですし、ニラは温性なので、生野菜によるお腹の冷えを防いでくれます。
ニラをみじん切りにしてゴマ油に付けたものをベースにしたドレッシングは好評で、リピーターのお客様からは「家でも真似して作っています」と言うお声も頂戴します。嬉しいですね(^^♪

メインは、まさに今の時期に食べたいタケノコをたっぷり入れた、カンボジアの煮込みです。
豚バラ肉とキクラゲと共に、魚醤や黒コショウなどのあっさりながら滋味深い味わいで煮込んでいて、ごはんにピッタリです。
タケノコは体の熱を冷まして、咳や痰に効きます。
また、漢方養生では春の時期は人間の体も心も自然界の植物の芽生えのように生まれ育つ時期なので、
ニラやタケノコなど成長の早いものを食べるのがポイントとされます。
ただ、タケノコは一度に食べ過ぎると、人によっては持病が悪化するとも言われますので、
シーズンだからと毎日たくさん食べるのは控えたほうが良いようです。
豚肉は気を補い疲労回復に、黒キクラゲは新しい綺麗な血を補って、また体内の有害な物質を吸着して体外に排出してくれるとも言われます。タケノコとキクラゲの組み合わせは、ニキビなどにも効くとされます。
ちょっと大きめにカットしてゆっくり煮含めたキクラゲ、八宝菜などの炒め物のシャキシャキ感とはまた違った美味しさです。

デザートは、髪と肌を補う黒ゴマをたっぷり擂って酒粕のペーストでコクを出したクリーミーなプリンに仕立てました。

明日明後日は店休日をいただきまして、20日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、やはりタケノコが主役の、タイのココナッツカレーです(^◇^)
野菜料理は、春キャベツの塩麹漬けや、厚揚げとトマトのベトナム風の煮込みを。
デザートは、心のエネルギーを補うロンガンと言うトロピカルフルーツをマンゴーと一緒にゼリー仕立てにしたものを予定しています。
どうぞお楽しみに(^^♪
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ