2018-06-11

薬膳料理教室

昨日10日は臨時休業させていただき、名張の料理教室に薬膳料理の講師として出張してまいりました。

藍布での「薬膳ごはんセミナー」や、他の団体にお招きいただいての講師の時は、お話と試食がメインで、
実際に参加のみなさまだけで料理を実習していただくことはらんぷ店主にとっても滅多にないことでしたが、
皆さん手際よく作業をされて、おかず2品とデザート一品を作っていただきました。

IMG_20180610_105419.jpg


出来上がってから一緒に戴き、食事の後にらんぷ店主から薬膳の基本的な考え方などについてお話しさせていただきました。

IMG_20180610_110650.jpg

この日は参加者の方々がご自分で作られた料理を「これ、おいしい~」「うちでも作れそう」と言ってらっしゃるのを聞いて、
いつもとはまた別な嬉しさを感じたらんぷ店主でした(^^♪
アジアの薬膳が、参加の方々にとって親しみやすいものと受け取って戴けていたらと思います。






2018-06-09

臨時休業のお知らせ

6月10日日曜日は、出張のため、臨時休業とさせていただきます。
2018-06-04

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20180601_125136.jpg

お品書きは、

キュウリのアチャール(インドネシア風スパイシーピクルス)
豆腐ドレッシングのサラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20180601_125531.jpg


夏野菜と豚肉のフィリピン風しょうゆ煮込み
黒米とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:さつま芋と皮むき緑豆のココナッツミルク
ライチ紅茶

以上でございます。

昼間の陽射しは夏のようになってきましたね。
今年は自然界の色々な動きが早いようで、蛍の鑑賞のお話もちらほら聞こえてきています。

さて一品目、夏と言えばこれ、キュウリのアチャールです。
熱を冷まして潤い補給するキュウリを、ターメリックやジンジャー、チリなどのスパイスと合わせてちょっとビネガーもきかせた味付けでピクルス風にしたもの。
ハンバーガーなどに入っているピクルスほど酸味が強くないので、サラダ感覚でざくざく食べられます。

お次は、これも夏場の定番人気の豆腐ドレッシングのサラダ。
しっかり水を切った木綿豆腐をゴマ油やたっぷりのニラとしっかり和えて「食べるドレッシング」にしたものを、レタスなどと合わせて召し上がっていただきます。
夏並みの陽射しでじりじり渇く身体を、中から潤してくれます。
これ、ご飯に乗っけて真夏の軽いランチにもいいのです。
サッパリしながらタンパク質もしっかり摂れますしね。

薬膳スープは、来たる梅雨に備えて身体の水捌けを良くするものも増やしていく予定ですが、このところ、季節外れのカゼで喉を傷めたり咳が長引くというお話を本当に良く聞くので、肺や呼吸器ケアに効く百合なども引き続きブレンドしています。

メインの料理は、これからの季節に何度か登場させたい、疲労防止&回復の煮込みです。
元々はフィリピンの「アドボ」と言う醤油と酢を使ったかなりしっかり目の味の煮込みで、現地では具材ごとに肉のアドボ、茄子のアドボ、魚のアドボ、という風に分けて作るのが一般的なようです。
藍布スタイルでは、肉と一緒にどっさりの野菜も合わせて作ります。
今回は豚ばら肉に茄子とインゲン、そしてほぼ見えなくなっていますが山盛りの千切り玉ねぎも入れています。
みんな醤油色になってしまっていますが(笑)、肉の旨みと玉ねぎの甘みがにじんだ煮汁をしっかり含んだ茄子とインゲンが、ご飯にぴったりなのです。

デザートは、お腹の調子を整えるさつま芋に、体の熱を下げる緑豆(今回は皮むきタイプ)を合わせてココナッツミルクをかけたものを。

食後の養生茶は、既決を巡らせるライチの香りをブレンドした紅茶でした。

急に夏日になってのぼせたりする日があったり、また前述のようにカゼで喉を傷めたり…と言う方が多かったせいか、
この週は何度か「食べてホッとしました」「なんかスッキリしました」と言ったお声を頂戴しました(^^♪

明日明後日は店休日をいただいて、7日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、抗酸化作用が期待できる夏野菜を使ったタイの赤カレーです。
どうぞお楽しみに。







2018-06-02

記事掲載していただきました。

奈良県の北和・中和地域の主な新聞折り込みに入る「ならリビング」6月号にて、藍布を紹介していただきました。


IMG_20180601_181244.jpg

奈良の薬草特集と言うことで、薬草を使った料理や漢方薬膳に因んだ料理を出す店舗や薬草園など紹介されています。

奈良でアジア薬膳の店として藍布を開いてから、奈良と漢方のつながりが古く・深く・多重構造的なものであることを実感させられることたびたびです。
このようにご紹介いただいて、改めてこの場所で漢方養生ごはんを作り続けていられることに感謝しつつ、また明日も頑張ります(^^♪
2018-05-30

薬膳ランチ:月曜日までの季節の養生ランチコース

記事アップが遅れてすみません、こんな感じでしたー!

IMG_20180525_120610.jpg

お品書きは、

パプリカとジャガイモの細切り黒酢炒め
新玉ねぎの韓国風サラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20180526_124453.jpg

緑黄色野菜と細切り牛肉のインドネシア風トマト煮込み
黒米とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:カボチャとハトムギのココナッツミルク
ライチ紅茶

以上でございます。

一品目は、ジャガイモのシャキシャキ食感が初めての方に驚かれる、中国のおばんざいです。
ジャガイモは気を補って胃腸の働きを調え、パプリカはピーマンと同じく気の巡りを改善してお腹の張りなどストレス性の症状改善に役立ちます。
炒めるとマイルドな旨みが引き出される黒酢は、血の巡りをスムーズにしてくれますね。

お次は、新玉ねぎの甘みを活かし、コチュジャンやごま油など韓国風のドレッシングで和えたマリネ風サラダです。
お腹を温めて気と血の巡りもスムーズにする組み合わせです。
トッピングのカイワレもピリッとした辛味で気を発散するのに役立ちます。

メインは、インゲンやピーマン、玉ねぎをたっぷり使って牛肉と一緒にスパイスのきいたトマト煮込みにしたインドネシア版ハヤシライスです。
見た目はハヤシですが、サンバルと言うインドネシアやマレーシアで使う唐辛子味噌を使っているので、ほどよくスパイシー、食べ進むうちにジワリと効いてくる辛さです(^^)/
抗酸化作用のある野菜を沢山食べられるので、これから陽射しの強さが気になってくる時期にぴったりです。
週末に召し上がって下さったお客様からも「わー、なんか夏が近づいて来た感じですね」とのご感想を(^^)/

デザートは、お腹の冷えを防ぎ疲労改善にも良いカボチャと、水の巡りを改善してむくみや雨の日の不調に働きかけるハトムギをそれぞれ煮て、ココナッツミルクをかけたものを。
カボチャのホクホクとハトムギのツブツブ感のコントラストも人気の組み合わせです(^^)/

明日31日木曜日からは、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、フィリピン風の豚肉と夏野菜のあっさりしょうゆ煮込み。
あっさりしていますが食材の旨みがきいてごはんにぴったり、低気圧でバテがちな体を補ってくれます。
野菜料理は、キュウリのアチャール(インドネシア風スパイシーピクルス)や、豆腐ドレッシングのサラダ。
デザートは、さつま芋と皮むき緑豆のココナッツミルクです。
どうぞお楽しみに(^^)/




プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ