FC2ブログ
2016-12-29

薬膳ディナー 「夜らんぷ」 その壱

昨日は「夜らんぷ」第二弾。

IMG_20161226_162946.jpg



皆さん、ご予約段階では、お仕事帰りで7時ギリギリになります、と言う方が多かったので、
段取り上手くできるかなとちょっと心配だったらんぷ店主でしたが、
まるでそれを察したかのように少しずつ時間をずらしてのご来店、
お陰様で和やかに楽しく過ごしていただけたようです(^^♪(^^♪

お楽しみいただいた料理は、こんな感じでした。

IMG_20161226_174439.jpg

↑「野菜たっぷり生春巻」「鶏レバーの生姜煮・バンコック風」
いずれも、谷町時代の藍布の夜の定番でした。
生春巻には、細切りの茹で豚肉と共にニラや青じそやベトナム風のなますなどの野菜をギュギュっと巻き込んで。
谷町では、日本の香り野菜で生春巻を美味しく、と思っていましたが、漢方薬膳的な目で見ると、
理気作用や胃腸の働きを調える組み合わせで、食事のスターターとしてはちょうどいいかなと(^^♪
鶏レバーは、どっさり入った生姜と、味付けに少しオイスターソースを使うのがポイント。
普段、レバーは苦手と言う方も不思議と美味しく召し上がっていただけることが多かった一品です。
ビールにピッタリなお味!な上に、肝と腎を補うと言う意味でも、酒肴にむいてますね。
勿論これ、炊き立てご飯とも相性抜群です。

IMG_20161226_180044.jpg

↑「ベトナム式炒め春雨」

干しエビと干しシイタケの旨みをたっぷり吸い込んだ春雨が主役。
調味料はごくシンプルですが、ネギや生姜が脇役で入っているので、乾物とも合わせ深みのある味です。
季節の養生で言うと緑豆春雨は清熱の働きがあって春夏向きですが、
エビや香味野菜に温め系が多いのと、コース全体のバランスを考え、敢えて一品こんなのも入れました。
「つるつる麺類系」があると、楽しいでしょ。

IMG_20161226_181218.jpg

↑「ほくほくカボチャのチヂミ」

写真の写りが白っぽくてイマイチ美味しそうに見えませんが(^^ゞ、
これも谷町時代の人気メニュウでした。
マッチ棒状に切ったカボチャを、生地がまとまらないぐらいたっぷり入れて、
オリーブオイルでじっくり焼き付けます。
今でこそどこでもふつうにあるチヂミですが、13,4年ぐらい前に谷町の店に来ていた韓国からの留学生バイトスタッフに、
生地の配合や焼き方など、試作しては味見して貰って、
「おいしいです!」と言うお墨付きを貰ってからようやくメニュウに載せたのも懐かしい。
温性で気を補うカボチャは冬至が過ぎても今の時期、色んな形で採り入れたい野菜ですね。



長くなるので、続きは次回に。








スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ