FC2ブログ
2016-10-10

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

IMG_20161007_115051.jpg

お品書きは、

じゃが芋の細切り黒酢ザーサイ炒め
レンズ豆とコーンとキュウリのスパイスサラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20161007_115607.jpg

韓国風炒り鶏
落花生とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:さつま芋のモンブラン
ベトナムのハス茶/ライチの紅茶

10月に入っても蒸し暑さを感じる日が多かったのですが、この週末辺りから、ちょっと空気が入れ替わって来たような。

一品目は、気を補うジャガイモをパプリカと一緒に細切りにして、ザーサイの塩気と黒酢のコクで炒めたもの。
芋らしからぬシャキシャキの食感に、初めての方は大抵驚かれます。
お次は、意外に湿気の多かった9月~10月初め、身体の水捌けをよくする食材を合わせて、クミンやコリアンダーなど胃腸の働きアップのスパイスをきかせたサラダ。
薬膳スープには、肺を元気にする乾燥百合根などをメインにした生薬をブレンドしています。

メインの煮込みは、レンコンやニンジン玉ねぎなど根菜たっぷりの炒り鶏を、
ゴマ油や韓国唐辛子をきかせたピリ辛甘い味付けで。
レンコンは呼吸器をケアしてくれますし、ニンジンも体に必要な潤い成分を補ってくれます。
玉ねぎは体を温め、血の巡りをスムーズに。
身近過ぎる野菜たちの、頼もしい働きです。
韓国唐辛子は、辛味はマイルドで、香りや甘みもあって、ビタミン類も実はかなり豊富に含まれています。
トッピングに使ったすりゴマも、身体の「陰分」を補う秋冬に積極的に摂りたいアイテムです。

ご飯は引き続き、やはり肺をケアする落花生を茹でたものと、消化を助けるアワをブレンド。
豆のような食感が人気です。

デザートは、さつま芋のモンブラン。
シンプルですが、なめらかな食感とさつま芋の甘みがどなたにも好評いただいているデザートです。
これからのシーズン、何度か登場させたいと思います。

食後の養生茶は、最初の3日ほどは結構暑さの残る日でしたので、
清熱のベトナムのハス茶を。
後半は気温が下がって来たので、ライチの紅茶にしました。
今後は、身体を温める発酵度の高いお茶がメインになってゆくシーズンですね(^^♪

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次は、タイカレーです。
気を補って免疫力の底上げをするきのこ類色々を主役にした、赤いカレーです。
野菜料理には、にんじんにドライフルーツやナッツを混ぜ込んだチリソースマリネなどを。
デザートは、サトイモと小豆のココナッツミルクを予定しています。
どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ