FC2ブログ
2009-10-06

おぼろ豆腐のチゲ

スンドゥブチゲ、と言います。
寒い季節に韓国行ったら、必ず朝ごはんに選びたい一品。
真っ赤っ赤~なスープの中に見え隠れする、ゆるゆるの豆腐(時々ガイドブックでスンドゥブのことを、にがりで固める前の豆腐って書いてあるのがあるけど、それって只の豆乳では…)。
アサリのダシも効いた深い旨みがあり、中に落とされた半熟になりかけの卵を崩すと、辛味がまろやかになります。
誰に言われずとも、ゴハン入れて混ぜて食べたくなる!

日本だと、特に外食先でこういうことするのはちょっとお行儀悪いイメージですが、韓国では大丈夫。
そう言えば、包むとか混ぜるとか何か乗っけるとか、卓上での作業が好きなひと達ですねえ。

食べているうちに、五臓六腑があったまってくる感じです。
夏の暑いときも、これはこれで、体がシャキッとする感じでいいですけどね。
らんぷ店主にとっては、吐く息も白く手のかじかむような早朝に、もうもうと湯気を立てている小ぶりのチゲ、というイメージが、何故だか鮮烈なのです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ