FC2ブログ
2009-09-28

コラーゲン山盛りスープ

「トガニタン」
コラーゲン摂りたい!ってときには、コレ。
牛の膝頭とかくるぶしとかのゼラチン質部分ばっかり集めて、ひたすらコトコト煮込んだ真っ白いスープです。
プリッとした半透明の具は、酢醤油につけて食べます。
韓国にしばらく滞在して、キムチ・唐辛子系の味の食事がずっと続いて(それはそれで美味しいんですが)、無意識なところで飽きてきていたのか、この酢醤油味は、なかなか新鮮でした。
でも、このゼラチン質自体に味がないせいか、ぷりぷりした独特な歯触りのせいか、韓国人でも苦手なひとがいるようです。
臭いやクセが強烈、というものでもないので、何人かで行ってほかのメニュウとあわせて一つ注文して、分け合ってみるのもいいですね。
らんぷ店主は、平気で一皿完食でしたけど(爆)。

サムゲタンや、このトガニタンの他にも、ソルロンタンやコムタンといった、牛の色々な部位を煮込んだ白いスープ(つまり唐辛子ナシ)があって、いずれも味付けは、ごくごく控えめな塩味。

ソウルの食堂で、最初はそのままの味で、次に卓上の岩塩をちょっと足して味わい、セットのゴハンと交互にクチに入れていたのですが、ふと周りを見渡すと、いきなりゴハンを全部スープに入れて最初から雑炊状態にしちゃってるひと、卓上のキムチ(韓国のキムチって、切らずに長いまま出てくる場合も多い)を摘み上げて備え付けの料理バサミでチョンチョンとスープに投入してまっかっかにしてるひと、勿論、キムチもゴハンもいれているひと、みんな好き勝手にカスタマイズ(?)。

なるほどー、と思ってそれ以来、韓国の白いスープ類を食べるときは、最初そのまま、次にキムチ入れて赤スープ、最後にゴハン入れて雑炊でシメ、と段階を分けて楽しんでます。
日本の飲食店で、飯椀に盛られたゴハンをスープや味噌汁の中にがばっと入れるって、ちょっとできないですけどね…。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ