FC2ブログ
2015-12-22

もち米とさつま芋のココナッツミルク

昨日までの養生ランチでお出ししていたデザートです。

151222_0857~01

中味が判りやすいように盛りつけてみました↑。

スーパーで入手可能な食材でアジアンチックかつ冬の養生にピッタリのヘルシースイーツが出来ますので、
気軽にトライしてみて下さい。
勿論、カスタマイズも無限大に可能。

材料:

もち米、うるち米
さつま芋
ココナッツミルク
キビ砂糖


分量ですが、作りやすい量として、

もち米60g+うるち米40gと水650㏄ほど。
もち米が多いと、もちもち感と温め作用がアップ。
うるち米が多いと、ライトな食感に仕上がります。


さっと洗ったコメを鍋に入れて水を注ぎ、火にかけて煮ます。
お粥を作る要領です。
コメが水分を吸って火が通ったら、キビ砂糖でお好みに甘みをつけます。

さつま芋は、1本でも二本でも二分の一本でも、好きなだけ。
よーく洗って、皮ごと1㎝角ぐらいのサイコロに。
ひたひた+αぐらいの水とともに鍋に入れ火にかけます。
柔らかくなったらこれもキビ砂糖でお好みに甘みをつけます。

(コメ、芋とも、ちょっと薄味かな、ぐらいでいいです。食べるときに足せますので)

器にコメと芋を盛りつけ、ココナッツミルクを好みの量かけて、出来上がり。

冷たくしても、温かいのでも、どちらでもイケます。

12月と言う時期は、ケーキやアイスクリームなどオイリーで体を冷やす系のスイーツ(それもまあ確かに魅力的なのですが)を、ついつい戴いてしまいますね。

このレシピなら、気を補って身体を温めて腸のお掃除も出来て、心も満足(^^♪


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ