FC2ブログ
2015-12-21

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

151217_1501~01

お品書きは、

ニンジンとクコ・レーズンのチリソースマリネ
キノコとキャベツと湯葉のザーサイ炒め
冬の薬膳スープ

そして、
151217_1504~01
大豆と豚の中国風葱しょうゆ煮込み
黒米とハトムギ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:もち米とさつま芋のココナッツミルク
ジンジャールイボスティー

以上でございます。

師走の入りは、なまあたたか~い日が続きましたが、流石にここへ来て、ぐっと冷え込む日も出て参りました。
温めるもの潤すもの、身体に力をつけるもの、バランスよく美味しく食べて寒い時期も元気に過ごしたいものです。

一品目はお馴染み、タイのスイートチリソースを使ったマリネの冬バージョンです。
寒くなってくると喉の粘膜やお肌とともに、眼も乾燥してきます。
ニンジンやクコでしっかり潤いと栄養を補給。
クコやレーズンと言ったドライフルーツを一緒に漬け込むことで、ニンジン特有の匂いも気にならなくなり、
甘味と酸味のバランスの取れた一品になります。
刻みアーモンドをたっぷりトッピングして、血行不良の改善を目指します。

お次は温野菜料理。キャベツに色々なキノコ類と戻した湯葉を合わせ、
ザーサイと干しエビの旨みで炒め合わせました。
キャベツやキノコは免疫を上げていくのに役立つアイテムです。
調味料代わりのザーサイや干しエビは、温め系。

メインの煮込みは、豚ばら肉と大豆を、葱と生姜たっぷりの旨みをきかせたしょうゆ味で煮込んだ、
中国の家庭料理です。
元のレシピは産後の女性向けの、豚足と大豆と言う組み合わせでしたが、
幅広い層の方に楽しんでいただけるよう、豚ばら肉でアレンジ。
煮込んでいる間に浮いてくる脂はかなり取り除いていますので、旨みを楽しみながらあっさりと召し上がっていただけます。
豚肉も大豆も、気をしっかり補う食材。
温める力はそんなに強くないですが、こちらもネギや生姜と言った温め系の薬味をたっぷり使うことで、
料理として冬の養生向けに仕上げるようにしています。
そして、漢方薬膳的には「気を補う」ことによって、カラダ自身が「温める力」を生み出すようにもなるのです。

デザートは、こちらも補氣コンビの、もち米とサツマイモ。
もち米は温め力も強いので、この時季の冷え性さんは、主食をお餅にするのも手軽な養生法ですね。
柔らかく炊いたもち米とココナッツミルクの相性の良さに驚かれるお客様も多いのが、このデザートです。
さつま芋と合わせたりカボチャと合わせたりして、藍布の冬の養生ランチに今後も登場してくると思います。

実はこの週、地元フリーペーパーの「マイタウン奈良」が取材してくださいました。
来年1月9日の号に掲載予定です。
奈良市や生駒市の配布地域の方、チェックしていただければ嬉しいです。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次の、そして今年最後の週の養生ランチのメインは、コクがあってピリッとスパイシーでもある、じゃが芋と鶏のマレーシア風ココナッツカレーです。
芋と鶏、これまた補氣コンビですね。
野菜料理には、潤い系の豆腐やトマトを、温かく料理したものや、温め食材のカボチャのほくほくサラダなどを。
デザートには、定番人気の八宝みつ豆を予定しております。
どうぞお楽しみに。

今年の養生納め?!に、皆様のお越しをお待ちしております。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ