FC2ブログ
2015-05-27

真夏日が続いて…

いや、もう、お暑うございますな。

と言うわけで昨日のらんぷ店主の晩ご飯は、
150526_1736~01

トマトソースのパスタ。
実は今年初めての自作パスタです。

外食する際、イタリアンの店に行くのはさほど季節を問わないのですが、
パスタを自分で茹でるのは、だいたいこんな夏日、真夏日がぼつぼつ出て来てから。

漢方薬膳では、もち米は温、うるち米は平、小麦粉は涼性、と考えます。
店でそうお話しすると、「へええ~~!!炭水化物に、冷やすとか温めるとか、あるの?!どれも一緒と思ってた」と驚かれる方が多いです。
これは西洋栄養学では区別しない、漢方独特の区分です。
でも、ほら、そうめんって夏の風物詩だし、お餅は年越し前後のアイテムでしょ。
中国人にとっても、ジャージャー麺なんかは夏の定番なんだそうです。

で、もう今年初の冷麦食べたよ、と言う方もいらっしゃるでしょうが、
夜に氷で冷やしたおそうめんは、ちょいと早いよ、と我が腹が主張するので、茹でたて熱々パスタにしたわけです。
ソースも、トマト缶の残りと、ニンニクスライスを、オリーブオイルで炒め煮して塩胡椒だけの、
シンプルこの上ないモノ。

トマトも、潤いを補って火照りを冷ましてくれる食材。
これで、お腹を冷やさずに、昼間の暑さを解消。

ソースの具材をシンプルにすると、思い立ってすぐ作れます。
もちろん、献立全体としてはこれだけでは見た目も栄養バランスも寂しいので、
野菜スープとかツナ缶使ったサラダなど、皆さんは添えて下さいね。
え?らんぷ店主はどうしたかって?

写真に撮るのがお恥ずかしい、その辺のあれこれ残り物を並べましたとさ。








スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ