FC2ブログ
2014-11-15

即席粕汁

つめたーい木枯らし吹く日、遅くに帰って来て疲れてるし寒いし、
手っ取り早くあったかいもの食べたいときに。

141114_1852~01

冬になると食べたくなる、粕汁です。
えーっ、材料揃えて切ったり酒粕とかしたり、面倒くさいじゃん。
と思われるでしょうが。

そこはそれ、即席仕様で。

前に酒粕で作るカルボナーラ風パスタの話を書きましたが、
アレで使った酒粕豆乳です。
なんせ軟らかいペースト状になっているので、煮えばなにポイと放り込んで、
お玉でちょちょちょっと崩したら自然に溶けます。

もう一つの「即席」のコツは、甘口の塩鮭(できればアラの部分)を使うこと。
これでダシ要らず、調味料要らずです。
入れる野菜は2種類程度でオッケー。
冷蔵庫の野菜室に入ってる、葉物でも根菜でも。

今回は、ネギとジャガイモです。
たまたま残ってたんで(^^;
ジャガイモ、皮剥いて2~3ミリ程度の薄い輪切りにしてから、
5ミリ幅ぐらいに切ります。
こうすると、火の通りが断然早い。
ネギはまあ、お好きなように。

鍋に野菜と塩鮭のアラ入れて水をかぶるぐらい入れて蓋して火にかけ、
具材に火が通るまで煮ます。
仕上がりに上記の酒粕豆乳ペースト好みの量入れてさっと溶かし、
味見して薄ければ塩、濃すぎたら水足して調整(アラの場合、汁の味は少し薄めの方が食べたときに丁度いいです)。

器に盛って、鮭の身をほぐしながら汁と一緒に戴きます。
鮭も酒粕も、カラダを温め、かつ、カラダ自身が温まる力を作り出すのに役立つ補気補陽の食材。
ジャガイモは補気、ネギもやっぱり温め食材ですね。
鮭とジャガイモってなんだか北海道だなあ。
札幌はもう積雪してるそうです。そんな最果ての地で、しっかり暖を取る食材ですね。
日本版ホワイトシチュウな外観ですが、勿論、乳製品は入ってないので、食べた後のお腹はほこほこあったかいけど、軽い感じ。

酒粕豆乳ペーストは日持ちするので、作り置いてこれからの季節、色々に使ってみて下さい。










スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ