FC2ブログ
2009-09-03

秋ナスを食べよう

最近、知ったのですが、中国では写真を撮るとき「はい、チーズ!」の変わりに「茄子」というのだそうです。

ナスですよナス。関西風に言うならば「なすび」。

は???、と一瞬思ったんですが、中国語で言うと「茄子」って「チェズ」みたいな音になるんですよね、確かに。

まあそれはともかく、ナスの美味しい季節です。
日本では「秋ナスは嫁に喰わせるな」という言い伝え?があって、美味しいものをヨメに食べさせるのは勿体無いというイビリ説と、ナスは体を冷やす食材だから、大事なヨメの体をいたわらなくてはという説が共に有力だそうですが。
まあ、特別に健康上の悩みが無ければ、季節のものはみんなで仲良く美味しくいただきたいものですね。
ナスは確かに涼性の食物ですが、温性のものとあわせれば、働きは穏やかになるそうですし(焼きナスにおろしショウガというのは、その辺の日本の知恵からきているらしい)。

らんぷ店主はナス好きなので、夏から秋にかけて大抵、こんなナス料理を作ります。

ナスを2cm角ぐらいに切って、水気を良く拭き、ザルで半日ぐらい陰干し。

ちょっと乾燥肌になったところで、軽く油通し(フライパンに多めの油で素揚げ)して、油を切る。

再度、温めたフライパンにナスを戻し、「唐辛子ペーストを使って」の項で述べたようなピリ辛系あわせ調味料を絡める。

あっつあつのまま、ゴハンに乗せて「マーボーナス丼」、または冷めてから冷蔵庫に入れて更に冷たーくして冷奴に添え、「冷製ピリ辛ナスの冷奴」という酒肴に(←あ、これかなり「体を冷やす」料理なので、真夏意外は、冷え性の方にはあんまりオススメしません。まあ体調と相談してね)。

調味料とナスをあわせて炒めるときに、最初にニンニクやショウガのみじん切りを炒めてからナスを入れるとか、或いは前に書いた「ガーリックオイル」を使うと、風味アップする上、体を温める素材を加えることにもなりますのでオススメ。
仕上げにすりゴマたっぷり絡めるのも、美味しいですよん。

コツは、白いゴハンが欲しくなるぐらいに、しっかりめに味をつけること。
薄味を意識すると、この料理の場合、味がボケてしまいます。
塩分調整は他でしましょう(笑。でも、唐辛子や味噌、ニンニク、ゴマの風味を利用すると、意外と実際の塩分て少なくてすみます)。
冷めても美味しいので、お弁当にもいいかも。
アレンジとしては、ピーマンを乱切り・素揚げして一緒に炒めたり、卵でくるんでオムレツにしたり。
茹でたそうめんの上に乗せて絡めていただくのもいいですしね。

ちょっと面倒なのは、素揚げです。
というか、素揚げまできたら、もう出来たも同然。
でもこのひと手間を省くと、かえって炒めるときに油を沢山使うことになったり、舌触りも味の絡みも、残念ながら全然別物になってしまうのです。







スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

茄子を冷凍庫で漬ける

茄子の漬物は食べたいけど、ぬか床がない方、あるいは茄子漬けは値段が高いので手が出ない方、簡単に数時間で漬けられる方法があります。

①茄子を洗って、表の皮を破らないように、揉みます。中の身が柔らかくなる様にやさしくね。

②そして、ヘタの部分をスパッと切り落とします。その切った部分から醤油を差します。そして醤油をなじませたら、こぼれない様にコップに入れ、冷凍庫へ保存。

③5~6時間経ったら、冷凍庫から出して、水で洗って、刻んで食卓へ。

浅漬けの元があれば、もっと簡単か?!

Re: 茄子を冷凍庫で漬ける

茄子を冷凍ですか…。
大胆不敵ですね。
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ