FC2ブログ
2014-09-22

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー。
140921_0657~01

お品書きは、

レンズ豆とインゲンのサラダ
秋の野菜と春雨炒め
薬膳スープ

そして、
140921_0658~01

韓国風ポーク肉じゃが
黒豆とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:杏仁ブラマンジェ
ベトナムのハス茶

以上でございます。

朝晩は長袖必須、昼間は半袖でも外を歩くと軽く汗ばむけど、木陰に入ると意外にひんやり…、そんな日が多いですね。
清熱の食材を少しずつ減らして、肺や呼吸器、お肌を潤すアイテムを投入。

レンズ豆とインゲンのサラダ、ちょっと変わった風味はフェンネルシードです。
このピリッとした香りのスパイスはウイキョウとも言い、胃腸の働きをアップしてくれます。
あと、黒酢漬けのラッキョウスライスと漬け汁を混ぜ込んだドレッシングで和えました。
ラッキョウは温性の食材だし、酸味を程よく使うのも、体内に潤いを補う調理法です。
春雨には、ナスやキノコ類をたっぷり合わせ、カピとナンプラー、いずれも東南アジアの魚介発酵調味料ですが、これらの旨みをきかせて炒めました。
薬膳スープの生薬も、肺を潤すものを少し入れています。

メインの煮込みは、豚ばら肉と根菜をネギや白ごまなど薬味たっぷりのピリ甘辛な韓国のヤンニョムで煮込んだもの。
ヤンニョム=薬念という言葉の通り、お腹を温めてめぐりをよくする合わせ調味料です。
そしてこれがとにかくご飯にあうあう。
白ごまは、肺を潤す食材です。
よくすって、ご飯やおひたしやサラダにどうぞ。
お家で作るいつもの肉じゃがでも、盛り付けの時に白のすりゴマたっぷりかけたらそれだけでちょっと秋モードです(^^♪

デザートはこの秋初の杏仁ブラマンジェ。
140917_0822~01
見た目、プレーンヨーグルトですが、すくった感触はヨーグルトとおぼろ豆腐の間ぐらい(笑)。
生クリームを使わず、例の酒粕ペーストを活用。
このデザートにはリキュールが合うのですが、酒粕を入れることでちょうどその役目も果たしてくれます。
杏仁も呼吸器の乾燥を改善して咳止めにきく生薬ですが、貝母(バイモ)というやはり止咳の生薬も少しだけ入っています。
昼間の暑さが続いているのと、初めて飲むお客様にとても好評なので、養生茶は引き続きハス茶。

いつの間にか、佐保川べりにも曼珠沙華が赤く咲き乱れていて、
着々と季節は進んでゆきますね。
奈良もこれから観光シーズンを迎えて、秋のイベントがいろいろ目白押しのようです。
きたまち界隈でも「はならぁと」「きたまちweek」などが予定されています。
そうしたイベントに参加するもよし、ぶらぶらと歩いてヨソさんのお庭のお花を愛でるもよし。
そんなお散歩ついでに是非、アジアの薬膳をお楽しみください。

明日は店休日をいただきまして、明後日からはまたがらりと変わったアジアごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、根菜類と牛肉を使った中国家庭料理。これまたごはんの進む、ネギ醤油煮込みです。
野菜料理にはレンコンやニンジンなど、のどや目の渇きを改善するもの、デザートはやっぱり秋の味覚(夏野菜だけど:笑)、カボチャを使います。
どうぞお楽しみに。





スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ