FC2ブログ
2014-09-15

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー。
140913_0658~01
お品書きは、

厚揚げのベトナム風トマト煮
ナスの自家製塩麹漬け・陳皮風味
薬膳スープ
140913_0659~01

きのこと挽き肉のタイ風ココナッツ赤カレー
ハトムギとアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:皮なし鶏豆と小豆のココナッツミルク
ベトナムのハス茶

以上でございます。

朝晩と昼間の気温差が大きいですね。
空気も乾いてきました。空咳など出る方いらっしゃいませんか?
梨やブドウなど秋の果物で喉を潤しつつ、お腹は冷やさないように。

豆腐やトマトなど潤い補給の食材を温かい状態だ食べたいときにコレ。
ベトナムのお惣菜です。
藍布のランチでは小さ目カットしていますが、サイコロ揚げなど3センチ角ぐらいのものをそのまま使ってもいいです。
少し味をしっかりめにつけると、ご飯のおかずにもなります。
秋ナスも体に夏の暑さが残っている今はまだ摂りいれたい野菜ですが、冷やしすぎないよう、
煮物などにするか、こうした浅漬けで生食するなら生姜や陳皮など胃腸を補佐するアイテムを使うのがコツ。
美味しさもアップします。

メインはココナッツカレー、秋の味覚のきのこ類をいろいろ取り混ぜて入れています。
合わせる肉類は、今回、合挽き肉にしました。
ココナッツキーマカレーって感じです(^^♪
欧風カレーはブロック肉が合うけど、タイカレーって鶏肉の場合も小さめに切った方が味の馴染が良いし、
こんな挽き肉カレーもココナッツと相性ばっちりです。
デザートは、皮なしの緑豆に小豆を合わせました。
緑豆は皮つきの方が清熱解毒の力は強いのですが、皮なしは消化がしやすくお腹にやさしい仕上がりになります。
小豆の部分と甘みの強弱があるので、よく混ぜる方が美味しいデザートです。
ベトナムのハス茶、初めて召し上がった方からはかなりの確率で、
「美味しいですねー、これ売ってないんですか?」と訊かれます(^^;;
すんません、物販取扱いしてなくて。
成城○井とかで売ってないかなあ。

9月の残暑がさほど厳しくなくて助かっていますが、
夏の疲れがそろそろ出てきて、と言うお声も頂戴します。
こんな時に何を食べるか、と言う特効薬的な食材さがしよりも、ご家庭では、季節の野菜をポイントに、
あっさりした煮物やスープ仕立てでお腹に負担をかけない献立にするのが効果的かもしれません。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、久しぶり、コリアーンです。
白すりゴマや葱など香味野菜と味噌、コチュジャンを利かせたピリ甘辛な肉じゃが。
野菜料理は、レンズ豆のサラダと、きのこたっぷりと炒めた春雨。
デザートは、秋に是非食べたい、杏仁ブラマンジェ。
どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ