FC2ブログ
2014-02-18

春菊と白菜のチリソースサラダ

はいはーい、忘れないうちにレシピです(^^;

140215_0702~01

材料切って盛り合わせ、
ソースの材料混ぜてかけるだけ。

食べ慣れている野菜でも、生で食べるものを加熱して、或いはいつも煮物やおひたしにしてしまう野菜をフレッシュサラダで、となると、新鮮な味わいに。

材料は見た目通りなんで(爆)、すっ飛ばして作り方へGO!

大根はスライサーを使って粗目の千切りにします。
らんぷ店主がいつも使うのは、縦に細長いチーズグラインダー。
これで、2~3ミリ幅の、3~4㎝長さの千切りがシャカシャカ作れます。
適度に繊維が潰れてドレッシング類の馴染が良くなるので包丁で丁寧に千切りするより良いのです。
でも、なければ勿論、包丁でトントン切ってもよろし。

春菊は、太い茎を残して葉の部分を摘み取り、長いものは3センチ程度に切ります。
丸坊主になった茎は生で食べるには固いので、お味噌汁の実にでもしてしまいましょう。
細かく切って卵焼きに混ぜ込んでも良いですね。

らんぷのランチでは、前も言った無農薬レモンをスライスして蜂蜜につけたのをトッピングしましたが、無くても可。
今の時期、伊予柑や八朔、ポンカンなど春先のかんきつ類がお目見えしてるので、
そう言うのの果肉を少し散らしても楽しいですね。

器に大根、春菊、それからレモンその他のかんきつ類と言う順番にこんもり盛り付けます。

ソースは、らんぷ店主がゴールデンコンビと思っている「ナンプラー+スイートチリソース」、これにライムの搾り汁を少々。
これまたレモンでも、柚子やスダチやカボスでも。
食べる直前に、このソースを回しかけます(さらっとしている割に辛味も塩味も濃いので、かけすぎに注意)。

大根は喉の炎症を抑え、咳や痰を改善します。
春菊とかんきつ類の香りは気の巡りを整え、リラックス効果と同時に免疫力を高めたり消化吸収の力をアップさせるのに役立ちます。

ノンオイルで低カロリーなこのサラダ、ばくばくわしわしと食べたいところですが、
ここで使っている食材のほとんどは涼性です。
スイートチリソースに入っている唐辛子などのスパイスがいくらかその冷やす作用を和らげますが、
今の寒い時期には必ず、煮込みや汁物などしっかり温まるものも一緒に食卓に載せてくださいな。




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ