FC2ブログ
2013-10-22

昨日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー。
131018_0659~01

お品書きは、

白ごまたっぷりクコとにんじんのナムル
きのこ色々マリネ
薬膳スープ
カボチャとインゲンのタイ風ココナッツカレー
ハトムギとアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:サトイモと小豆のココナッツミルク
ライチ紅茶

以上でございます。

長袖二枚重ねで巻き物しててもうすら寒い日、
半そで一枚でも汗ばむ日が混在する週でした。
台風も油断なりませんしね。
お客様から「周りでカゼひいてるひと多いねん。」というお声もちらほら。
服装のこまめな調節とともに、
喉の粘膜を乾燥させないような工夫が大事です。

白ごまは肺を潤し、肺と深いつながりのある皮膚の乾燥も改善します。
粒のままだとほとんど体内で吸収されないので、すりごま・ねりごまにして使うのがコツ。
にんじんとクコは血を補い、疲れ目やカスミ目に効きます。
免疫力アップの食材・きのこ色々を使ったマリネは、谷町の藍布の夜の定番メニュウでした。
ゴハンに良し、パンに良し、ワインにも良しの使える一品です。
メインのココナッツカレーは、秋冬に食べたくなるカボチャが主役です。
カボチャって夏野菜だし根菜でもないし、なのに体を温める食材の代表的なものなのです。
穏やかに体力をつける、補気の食材でもあります。
ハロウィーンでも冬至でももてはやされるのは、その時収穫したからとか保存がきくからと言うだけではなく、
寒くなるころに食べておくと冬に対応できる、と、経験上の知恵からなのでしょうね。
カボチャとココナッツミルクの甘さ、こぶみかんなどのハーブの香味、タイの緑唐辛子の辛みが合わさってあとひく味です。
ごはんは見た目ほとんど白いですが(笑)、お肌を滑らかにして脾を助けるハトムギとアワをブレンド。
ここらへんが漢方ならではの考え方で、秋にケアしたい肺には、「肺の母」である脾を健やかにすることも有効なアプローチの一つとみなすのです。

デザートはこれまた秋の味覚のサトイモ。
らんぷ店主にとっては、20年ほども前にタイで初めて食べたココナッツミルクのお汁粉に浮かんだサトイモ以来、お馴染みの味なのですが、先日これを初めて召し上がったお客様から、
「そうかーー。サトイモって何も別に最初からしょうゆ味で売られてるわけじゃないもんねー。オヤツにしたっていいんだあ。」としみじみご感想をいただきました。
あと、マレーシア滞在歴のある方から「そうそう、むこうでもこんなんしょっちゅう食べてた」と言うお声も。
サトイモも、補気健脾の食材。ヌルヌル食品はお肌や関節を滑らかにするとも最近言われていますね。

今日は店休日をいただいておりまして、明日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
メインは久々にコリアーン♪(なぜか歌ってるw)。鶏とじゃがいもの韓国風こっくりちょっピリ辛甘い味噌煮込みです。
野菜料理はレンコンとにんじんのスパイスを利かせたサラダに、しばらくぶりに登場の塩糀漬けのキャベツ。
デザートはこれまた肺と肌に嬉しい、白ごまと豆乳のブラマンジェです。
どうぞお楽しみに。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ