FC2ブログ
2013-10-14

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー。
131011_0657~01

お品書きは、

黒目豆とインゲンのサラダ
春雨と野菜のシンガポール風炒め
薬膳スープ
中国風豚バラ肉の肉じゃが
緑豆とハトムギ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:サツマイモと皮なし緑豆のココナッツミルク
とうもろこしひげ茶

以上でございます。

いやほんとに前半は蒸し暑かったですね。
2,3日前から空気は秋めいてきましたが、それでも昼間は結構汗ばむ陽気。
そんなこんなで、夏の終わりと秋の食材が混在する献立です。

前にカレーで使った黒目豆、
今回はサラダで登場。辛くはないのですがほんのりスパイス数種を隠し味に、
潤い補給のためのお酢も少し利かせたさっぱり後口です。
春雨はキャベツや薄揚げ、干しシイタケなど入れながら、ターメリックやコリアンダーなどカレーな感じの味に仕上げました。
これは香港で「星州炒麺(シンガポール焼きそば)」としてよく茶餐庁のメニュウに載ってる味付けを踏襲したもの。
でも本場シンガポールではこんな焼きそば見かけません(笑)。
中国に「冷やし中華」がなく、モンゴルに「ジンギスカン」がないのと一緒ね。
けど、シンガポールには焼きそばではないものの、確かにこんな「辛くないけどカレーっぽい&どこか中華な」味の炒め物は存在します。
なので、当店でもシンガ風、と呼んでます。

メインは肉じゃが。
豚バラ肉を使っているのと五香粉の風味が、中国のおふくろの味的お惣菜です。
この五香粉、シナモンや陳皮、八角などまさに中華な香りで食欲を刺激しつつ、かつどれも脾胃を助ける働きのスパイスをミックスしたもの。
薬食同源てまさにこのことですね。

ご飯は引き続き緑豆とハトムギをブレンドしました。
まだまだ暑さ続きだったもので。
今後はそろそろ、秋の養生に対応した穀物に少しずつシフトしていく予定です。

デザートは秋を感じさせるサツマイモに、夏の名残と言うか食感を楽しんでいただく意味も込めて皮なしの緑豆をプラスしました。
サツマイモのホクホク感と皮なし緑豆のコリコリプチプチがいいコントラストなので。
サツマイモの甘煮には、ほんの少し陳皮を入れて味を引き締めています。
小料理屋さんに「サツマイモのレモン煮」なんてありますよね。
あれも理気健脾な一品だと思います。

10月に入って記録更新の暑さが続きましたが、すっかり日の落ちるのは早くなり、
空気も少しずつひんやり・カラリとしてきています。
肌や五臓の潤い補給、体の冷えを防ぐ食材を徐々に増やしていきたいものです。

明日は店休日をいただきまして、明後日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
メインはホクホクカボチャのタイ風ココナッツカレー、デザートにはサトイモ、野菜料理にはきのこたっぷり。
らんぷ店主も秋の到来を満喫しつつ、仕込みしまーす。






スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ