FC2ブログ
2013-09-18

韓国風炒り鶏

130912_1446~01

はい、前回の養生コースに登場していた、韓国のピリ甘辛炒り鶏です。

大雑把にいうなら、レシピと言うほどのものもなし、
普段ご自分で作る炒り鶏の味付けに、
ごま油とにんにく、韓国の(辛すぎない)粉唐辛子を適宜加えてください。
以上。

なんですが。
ちょっとそれじゃー、イメージ掴めないワー、という方もおられるやもしれませんので、
もちょっと「レシピっぽく」書いてみますね。

入れる具材は、ほんま炒り鶏に入れたいもので結構です。

参考までに藍布のは、

鶏もも肉
レンコン、にんじん、玉ねぎ。

これに、

ゴボウとか、サトイモとか、ヤマイモとか追加してもよし。
レンコンやゴボウといった、土っぽい香りの野菜を入れるのがあすすめです。

調味料は、

醤油大さじ4にたいして、
砂糖大さじ2、酒大さじ1、韓国の粉唐辛子小さじ2~3
にんにく(おろしたものか、みじん切り)1かけ分、ごま油適宜

以上が、基本割合。
お好みでそれぞれ加減してください。

作り方は、

肉・野菜は一口大に切っておく。
ごま油以外の調味料を合わせておく。

鍋にごま油を入れて鶏肉を炒め、
合わせ調味料をからめて玉ねぎを加え、
水(ひたひたか、やや少なめ)を加えて煮ます。
残りの野菜を加えて火が通ったら、味見。
火を止めて蓋をしたまましばらく味を馴染ませます。

盛り付けるときに、
白のすりゴマや茹でたインゲンをトッピング。

冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにも。
ただしその時は、オレンジ色の煮汁の染みたゴハンは楽しめませんが(笑)。


以下、完全な余談ですが、

昨夜、この記事全部書き上げたところでアップ寸前にエラーが起きて、
なぜか半分以上が消えていました(大泣

今、大慌てで今日仕込みの合間に修正しています。

豆を煮たり野菜切ったりするよりコンピューターのご機嫌伺いの方がはるかにはるかにストレスな、
らんぷ店主ですwww














スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ