FC2ブログ
2013-07-08

今日までのランチコース

こんな感じでした。

130708_0634+01_convert_20130708165038.jpg

お品書きは

厚揚げのベトナム風トマト煮
キュウリとワカメのニラドレッシングサラダ
薬膳スープ
夏野菜とイワシのマレーシア風ココナッツカレー
ハトムギと黒米入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:八宝みつまめ・夏バージョン
とうもろこしひげ茶

以上でございます。

いや一週間て、早いですねえ。
こないだ前週のランチコースご紹介書いたと思ったら、もう月曜日。
季節は確実に、いちばーん暑い時期へ突入しかけておりますw
奈良市内でもこのきたまち界隈は、夜も更けるとそれなりに夜気が涼しく感じられるものですが、
昨夜はかなり亜熱帯な温度でした。

引き続き、体に熱をこもらせないための、湿気にやられないための、アジアごはんです。

厚揚げとトマト、意外~な組み合わせなれど、ベトナムではいたってポピュラー。
ゴハンにもよくあうのです。
キュウリもワカメも清熱利水=体の余分な熱を冷まして、澱んでいる水を排出する働きがあります。
ポン酢であえればいつものお惣菜ですが、刻みニラのオイル漬けと黒のすりゴマをたっぷーり混ぜ込んだ韓国のヤンニョムチックなドレッシングでいただくと、食欲もそそられるし、生野菜でお腹が冷えるのを防いでくれます。

メイン煮込みは、ピーマンやパプリカなどのカラフル夏野菜とイワシのマレーシア風ココナッツカレー。
マレーのカレーはフェンネルやコリアンダーなど消化機能を温めて機能アップさせるスパイスがメインです。
ココナッツミルクは、夏に必要な体の潤いを補給してくれます。
現地では長粒米と合わせるのですが、ハトムギや黒米が入った噛みごたえのあるゴハンも、こういったエスニックな味わいとマッチします。

デザートの「夏バージョン」てナニ?と思われるでしょうが、らんぷ定番の八宝みつまめに、別茹でにした緑豆を合わせました。
写真ではココナッツミルクの白・八宝みつまめの茶色・皮むき緑豆の黄色が層になってるのがチラッと見えるかなと思いますが、これを混ぜ合わせてお口に入れると、つぶつぶとろとろの異なる食感が一度に楽しめます。

あるお客様に「いやー、体の中味がキレイになりそうやわー。」と嬉しいコメントを戴きました。
「体の中からきれいになる」と言うのは結構よく聞きますが、中味って、なかなか新鮮な表現ですね。
漢方では「肌は内臓をうつす鏡」と言いますから、ナカミをキレイにって、大事です。

さて明日は店休日を戴きまして、明後日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで、皆様のお越しをお待ちしております。
メインは、沖縄。ラフテーよりも少しあっさり仕上げの、豚の煮物です。
デザートはトロピカルフルーツであり心血を補う生薬にもなる、ロンガンとクコを使ったふるふるゼリー。
どうぞお楽しみに。




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ