FC2ブログ
2013-04-18

きたまちで、

質実剛健なお土産買うなら、らんぷ店主のおススメはこれ。

130415_1927+01_convert_20130418203726.jpg

花芝商店街つきあたり右に曲がってすぐの、西口鰹節商店の、削りがつお。

この黄土色の油紙の袋もたいがいレトロな味出してますが、
お店もレトロ、おっちゃんもレト…、いやいや、プロフェッショナルな鰹節職人(て言うのか?)でございます。

店内で作っているので、運良く製造中に店の前を通りかかると、大変芳しい香りに迎えられますが、作ってないときでも、なんとなくほわんと食欲そそる香りが漂っています。
もうお店に染み付いているのかも。

スーパーで買う同じ価格帯のものよりずっとコストパフォーマンスに優れていると思います。
味がしっかりしているせいか、100グラムでも結構、使いでがある。

らんぷ店主はこれ買ったら大抵、翌日の朝ご飯は、
ほかほかのゴハンの上にたっぷりトッピングして、ゆらゆら揺らめいてるところへ生卵割って、ちょろっと醤油たらしていただきます♪
気が向いたら、これに更にキムチなんか乗せたりもして。
まったくもってお手軽な、ファスト朝ご飯。
でも実は、手間と時間をかけて作られたスローフードな食材なのですね。

アジアの国々には実に色んな魚介の発酵食品があって感心することが多いのですが、
鰹節は、モンスーン・アジアの国のひとつでもある我がニッポンの、世界に誇れる海の幸の加工品と言っても過言ではない。

と、なんだか勝手にヨソさんの商品宣伝してしまいました(笑)。
いや、きたまちって意外にシブい店あるんだってば。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ