FC2ブログ
2013-04-16

今日は定休日なので

既に明日の仕込み真っ最中です(爆

でも、まあマイペースでやってます。

今日は朝から真面目に仕事してるので、玉ねぎのみじん切りだの豆の下煮だのデザートの下ごしらえだの…

そういう、手間と時間のかかるアレコレの目処はだいぶ、つきました。

130331_1925+01_convert_20130416152535.jpg

写真はその明日のデザートではなく、らんぷ店主の極めて個人的なおやつ。

いつもは胡桃やレーズンなんかのナッツ類・ドライフルーツ類を豆皿にぽちっと盛ってコーヒーのお供にしているのだけど、たまには、ふわとろ系スイーツというのんを食べたいなと思うわけですよ。
が、仕込みの合間にケーキ屋さんまで遠出するのはちょっと…。
近場のコンビニスイーツは、いまいち…。
と言う消去法で残されたのは「仕入れのついでに買える食材で、作る」案。
しかも勿論、手間をかけずに。

苺は、超高級でないけどそこそこのお値段のを(極端に安いのはやっぱり味に比例することが多い)。
プレーンヨーグルトは、本日限りのお買い得品があったので迷わず、それ。

結論から言うとこのスイーツ、
「水分を抜いたヨーグルトと苺とはちみつ、刻みクルミ添え」
でございます。

水分をヨーグルトからどうやって抜くかと言う簡単感激メソッドをご披露。
秘密にしときたいんだけどねー。
まあいいか。
どうせみんな知ってるやろ(爆

ざるにキッチンペーパーを敷いてボウルで受けます。
その上にプレーンヨーグルトをぱかっと空けて、
そのまましばらく冷蔵庫へ。
ざるとボウルの間に充分空間があればいいですけど、そうでなければ15分おきぐらいに様子を見て、下に溜まった水分を除きます。
捨てちゃっても良いんですけど、「乳清」という、ミネラル分がいろいろ含まれている水分なんで、勿体無いと思う方は栄養ドリンクと思ってごくごく飲んじゃっても。
ちょっと酸味ありますが、口が曲がるような味ではないです。

さて1~2時間もすれば、ざる豆腐みたいな風情になります。
もう少しおくと、モッツァレラチーズのようにまったりこんとしてきます。

その、お好みのまったり度のところでざるからはずして、
お皿に盛り付け。
カットした苺を好きなだけトッピング。
好みの量のはちみつをかけて、出来上がり。
あれば、アーモンドや胡桃を刻んでぱらぱらっと。

巷で600円とか700円とかする「あまおうのタルト」に負けない(と、思う。あんまりそうゆうお菓子買わないんで…)濃厚で満足度の高いおやつです。

苺、1パックで五人家族の分ぐらい出来てしまうのも嬉しいところ。

季節のフルーツ、それなりに何を合わせても美味しいけれど、やっぱり真っ白なクリームには真っ赤な苺が王道かと。
今のうちに味わっておきたいものです。







スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ