FC2ブログ
2013-04-01

ランチコースこんな感じでした

130330_1524+01_convert_20130401200643.jpg

今日までの「季節の養生ランチコース」、こんな感じでした。

カボチャとアーモンドのスパイスサラダ
ワカメとコーンと新キャベツのサラダ
薬膳スープ
ベトナム風ビーフトマトシチュウ
黒豆とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:ハトムギと小豆のココナッツミルク
ジャスミンティ

カボチャサラダはあわせるナッツを変えたり、スパイスのブレンドを変えたりしながら、何回か登場していますね。
今回は、血行不良に良いとされるアーモンド。
スパイスは、唐辛子系の辛いものは入れずに、ホールのフェンネルをアクセント的にぱらっと加えてみました。
このフェンネル、ウイキョウとも言いまして、お腹を温める働きがあります。

店の近く、佐保川の川路桜もまさに見ごろで、川沿いに並ぶ家々の玄関先や庭先も水仙や色とりどりの椿、早咲のつつじ、雪柳などが春風に揺れて咲き誇って、うっかり自転車で通ろうものならわき見運転間違い無しです。

そんな春爛漫な奈良ですが、やっぱり朝晩はそこそこヒンヤリ。
お天気もくるくる変わります。
一昨日なんか、雹が降ってたそうで…、実はらんぷ店主、仕込みにかまけて気付かず、ランチのお客さんにお聞きしてはじめて知りましたww

そんな訳で、陽気を補う食材と、春先の解毒・体の水はけを良くする食材を取り合わせてみました。
ワカメとコーンと新キャベツは、ネギたっぷりに唐辛子もほんのちょっぴり加えた温め系ドレッシングで味付け。
体内の老廃物をデトックスしつつ、素材の持つ冷す働きを弱めるようにしました。

主菜のベトナムのトマトシチュウ、一見洋食ですが、味付けに魚醤を使っていたり、隠し味のガーリックや胡椒で、やっぱり東南アジアテイストです。
たっぷりのにんじん・玉葱の自然な甘みは消化機能を助けます。
マッシュルームのスライスもこれまた山盛り入れていますが、きのこ類は免疫力アップにつながります。

ごはんに入れた黒豆は、気を補うとともに体の水はけを良くします。
黒豆の煮汁でごはんも染まっているのですが、この色素がポリフェノールで抗酸化力があると言われるものですが、漢方では昔から大雑把に黒いものは腎に良い、とされています。
腎はエイジングに関わりの深い臓器ですから、西洋・東洋の栄養学でおおむね同じことを行っているようでもあり、興味深いですね。

デザートは最初、ハトムギばっかりで炊こうかと思っていたのですが、ハトムギ自体は涼性なので、いまの時期もうちょっと温め系をプラスしたいかな~と思い直し、もち米とブレンドしました。
小豆とハトムギで、むくみや関節に溜まる水、ジュクジュクしたタイプの皮膚トラブルに働きかけます。
このデザート、しっかりかき混ぜる方が確実に美味しいので、提供するたんびにシツコク?「よくかき混ぜてお召し上がりください」とお声掛けしてたらんぷ店主です。

藍布のランチ、いつもいつも事後報告で恐縮です。
昨日来てくださったお客様が「この間のブログに乗ってた前回のランチのさといものデザート、食べてみたかったです…。」と仰ってくださいました。
次週予告、だったら良かったんですけどね。ごめんなさい。

さて、明日の火曜日と明後日の第一水曜日は店休日をいただきまして、4日木曜日からまたガラリと入れ替わりましたアジアごはんで、皆様のお越しをお待ちしております。
サラダは新玉ねぎたっぷり、メインの煮込みは、初登場マレーシアです。カレーです。
デザートは、うーん、豆とか米のおしるこ作るのにらんぷ店主がちょっと飽きてきたんで(←うそ)、ぷるるんゼリー系で行こうかなあ~。
勿論、使う食材はアジアンテイストです。
お楽しみに。






スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ