FC2ブログ
2013-02-10

アジアの元旦です

130210_1805+01_convert_20130210195112.jpg

今日は、旧正月。
旧暦、陰暦、農民暦、なんでもいいけど、アジアの国々ではこちらの暦で新年を祝う国が多いのです。
日本も、ちょっと前までは勿論そうだったし、今でも沖縄などでは旧正月の方が「本番」らしいです。

ということで、アジア薬膳屋としましては、
あけましておめでとうございます。新年快楽!恭喜發財!!
と、新年のご挨拶を。

写真は当店の福福しい守護神(だったっけ?)、「如意豚」です。
四字熟語に「万事如意(ワンシールーイー)」というのがありまして、「万事が意の如く」つまり「願い事がなーんでも叶いますように世の中思い通りになりますように」という、そのコトバにちなんだ豚さん。
中華圏では、豚は富の象徴、関西で言うえべっさん見たいな存在です。
えべっさんもたいがい福福しいヴィジュアルやしね。
らんぷの如意豚は、数年前に台湾で一目惚れしてお持ち帰りしました。
これは手のひらサイズですが、大抵は、庭石に出来るんじゃ?ぐらいなビッグサイズです。
バックケースの一番上に鎮座ましましてます。
ブログをご覧の皆さま藍布にお越しの皆さまに「万事如意」な年でありますよう。

そんな春節の今日、勿論、らんぷ店主はいつものよーに仕込みして掃除して、営業開始。
学生さんらしきお友達同士や、きたまちのヨソのお店で聞いたと言って来てくださったグループの方や、そして思いがけず谷町時代の常連さんがお一人でふらりと入って来てくださったり。
なんだか、閉店時間まであっという間でした。

中国語で「春節」といい、日本語では「新春」「初春」などと言います。
新暦だとピンと来ないけど、旧暦の今ごろが丁度、冬の一番寒いときのラスト、つまり「春がこれからやってくるよ」ということなのです。

本当に、今日の昼間は寒いながらも、店の中に射し込む陽の光がとてもあかるくて、春の足音を感じました。











スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ