FC2ブログ
2009-08-02

シンガポールのプラナカン料理・その4

カリ・アヤム

はい今度はそのままチキンカレーです。
マレーでもインドネシアでも多分「カリ・アヤム」って言うと思うけど(基本的に、プラナカンの料理はマレー語のようです。で、たまに中国語由来のものが混ざるって感じかなあ)。
これは滞在中、2箇所で食べる機会がありましたが、いずれも手羽元の肉を使い、具は鶏のみでした。
ココナツミルクが入るのはマレーシアのカレーと同じですが、辛さはずっと穏やかです。
らんぷ店主は、最近の市販のカレールウの辛さを知らないのですが、このカリ・アヤムは子供でも大丈夫なくらいの辛さでした。
やはりこれにも、現地でベラチャンというエビ味噌を使うので、骨付き鶏とエビの、両方からだしをとっているようなものですね。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ