FC2ブログ
2012-01-06

謹賀新年

dragon.jpg

お年賀がわりに、らんぷ店主のドラゴンコレクション(←初めて聞いた)の中から一番おめでたそうなアイテムを撮影してみました。

えーとこれはですね、真上から撮ってますが、直径10センチぐらい・高さ3センチ弱の小物入れと言いますか…。
フタの裏側は鏡張りで、中は布張りも仕切りなどもない、銀そのままです(表はすっかり変色してますがシルバーです、たぶん)。

これ、確か20年は軽く経ってると思うんですが、当時の北京の骨董品屋で手に入れたものだったかと…。
骨董と言ってもらんぷ店主が旅土産に買える程度のお値段だったので、単なる中古品でしょうが。
元々何だったのか今となっては知る由もないのですが、買った当時は勝手に「清朝の、位のあんまり高くない貴人か何かの女性が白粉入れにでも使ってたのかも」と思ってました。

北京には、もう何年も行っていません。
中国の大都市の開発っぷりはすざまじいものですが、中でも北京はオリンピック開催前後には輪をかけて色んなもの壊しちゃ建てる、の連続だったように聞きます。
90年代初頭まであった街なかの胡同や四合院作りの家などは、かろうじて記念品扱い的に僅かに残っているだけのようで。
そんな話を聞くと、再訪したいようなしたくないような…。

変わらないのは、紫禁城(現・故宮博物館)の赤くて高くて長~い壁ぐらいだったりして。


中国(と他のアジアの国の多く)は太陰暦で新年を祝うので年明けはもう少し先ですが、いずれにしても「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」、皆様にとって良い年でありますよう。

ブログ「らんぷ通信」は、今年もきっとまた、昇り竜のような勢いとは程遠いのんびりまったりした更新になるかと思いますが、どうぞよろしくおつきあい下さい。

明日は正月7日、お粥用の七草セットのパックがスーパーでも市場でも売られていて、年末年始の暴飲暴食続きの胃袋にはそれもいいけどやっぱりこの寒さ、ちょいとパンチの効いたキムチ粥でも作ろっかな~~、と思ってます。









スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ