FC2ブログ
2011-10-07

農家の昼ごはん~広東・香港の旅

zhongshan5.jpg

広東省・中山に滞在中に友人たちの経営する農場を見に行ったときのこと。
ご近所で農業を営んでいるS家でお昼をご馳走になりました。
これは農場に行ったときのいつものお昼パターンらしいのですが、単純に「ご馳走になった」のか、「そういう契約をしている」のかは全く判りません。
とにかく「じゃ、お昼行きましょか」みたいなノリで車に乗り数分で到着。
「やあやあいらっしゃい。さあどうぞどうぞ座って。」と、挨拶もそこそこに着席するや、Sさんの奥さんやお母さん(←多分、推定)が隣のキッチンからステンレスの大きな器(形もサイズも洗面器)に山盛りにしたお惣菜をどかどかと持って来て所狭しと卓上に並べ、ビールの栓もポンポンと抜かれ…。

おかずは、畑で採れたらしきキュウリやピーマンやキャベツなどをたっぷり使った、あっさりした味の炒め物3種に魚のフライ、ピーマンの肉詰めフライ。
更に「ごはんと、お粥もあるよ」と言われて、ではお粥をと所望すると、鳳爪(つまりアレですね、鶏のつま先です。)のたっぷり入ったお粥を丼に並々と注いでくれました。

腹12分目ぐらいの満腹状態になったあとは、ご主人の淹れてくださったプーアル茶を飲んだり、裏の水路沿いにあるマンゴーに男の子(よく判らないんですが、多分そこのウチの子ども)が登ってを取るのを見学したり。
まあ100%遊んでたのはらんぷ店主だけで、Zさんや農場経営に関わっている日本人のメンバーは、建築関係の業者さんが来たので農場に建てるシャワー室の洗面台の材質とか照明器具とかの打ち合わせをしていました。
それも、でも、メンバーのN氏によると「こんだけ打ち合わせしても、想定どおりにいかないんだよねー、これが。」

ところで先月、2週間ぐらい前かな?、南森町の商店街のなかでばったりZさんに会いました。
いや、仕事で大阪にちょっと来ているとは2,3日前に電話貰っていたんですが。
アーケード内をママチャリかっとばすZさん、どっからどう見ても大阪人…。
しかも「今日なあ、これから甲子園行くねん。」とのことでした。




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ