FC2ブログ
2011-02-27

昨日は「いちにち藍布」でした

110219_1519+01_convert_20110226143135.jpg


写真は、昨日の「いちにち藍布」の料理ではなく、薬膳講習で試食した「八宝粥」です。
講義の間に水分を吸い込んでしまったらしく、粥と言うより「おはぎ」みたいなカンジでしたが(笑)、これはこれで美味しかったです。
黒豆が入っていてホクホクなのが気に入ったので、今度自分で作るときには入れてみようかと思っています。
このセンセイの味付けは、いずれもかなり控えめです。
今回の八宝粥も、軽食としてお粥みたいにサラサラとお椀に一杯食べるならこのぐらいの味付けが丁度良く、デザートに一口なら、もう少し甘みを加えても良いかな、と感じました。

さて昨日の「いちにち」ですが、お蔭様で満員御礼、にぎやか~に始まり終わりました。
前回まではお一人参加の方には一人分のお皿で、お二人参加の方には二人分を取り分け方式で、というお申込単位で料理をお出ししていたのですが、今回はより皆さん同士交流していただこうと、3名分ずつの料理を(お友達であろうと初対面であろうと)お隣同士で取り分けていただく、と言う形にしてみました。
そのせいかどうかは判りませんが、離れたお席同士でも会話が交わされたり、お帰りの間際に名刺交換されたりしていて、皆さん、楽しんでいただけたかな~と思っています。
らんぷ店主はいつものごとく、料理の提供で手一杯だったのですが。
それでもドーンセンターのキッチンの使い勝手もある程度把握し、また参加費の集金や片付けをお客様にご協力いただいて手際よく終了できたこともあり、これからはもうちょっとお料理の説明、漢方や薬膳のことについてのお話タイムも組み込んでいくように出来ればと考えています。

今回も、谷町の藍布によくご来店いただいていて、最近このブログを発見したと仰る方が初参加してくださいました。
飲食店のスタッフとお客様と言う関係では、顔は知っていても名前や連絡先まで交わすことは少なく、またご来店のタイミングによって、閉店をお知らせできなかった方のほうがはるかに多いのです。
そんな中、ブログを見つけてコンタクトとって下さると言うのはとても嬉しいものです。

2月「いちにち藍布」の料理については、これからぼちぼちお話していきますね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ