FC2ブログ
2011-02-21

豚肉煮込みとゴハン~1月「いちにち藍布」より

oneday1no5.jpg

1月の「いちにち藍布」、シメのお料理です。
「豚バラ肉と卵の中国風醤油煮込み」と「黒米いりごはん」盛り合わせプレート。
ゴハンの上のトッピングはクコの実です。

こんな風に盛り合わせちゃうと実はブログのカテゴリ分類で迷っちゃうんですが…「肉類」か「麺飯類」か…。
一応、今回は豚肉メインと言うことで。

中国に「五香粉(ウーシャンフェン)」というミックススパイスがあります。
あちらでは大変ポピュラーなもので、日本でも中華街は勿論ですが、デパ地下の輸入食材のコーナーなんかでも置いてるところ結構あります。
ぱっと見、シナモンパウダーみたいな茶色い粉末です。
これを「肉じゃが」系の煮物に少々入れると、たいがい「中国風醤油煮込み」になります(笑)。

黒米入りゴハンは、白米1合につき黒米大さじ1の割合でブレンドしてみました。
黒米の色素が白米も染めて、濃い紫色のゴハンになります。
ブレンド割合は、お好みで加減してください。
黒米は、「補腎」「補血」の働きがあり、秦の始皇帝も好んで食べたと言う説もあります(前にも書いたかと思うのですが、そもそも中国医学や薬膳思想と言うのは、中国の歴代皇帝の強烈なアンチエイジング…もっと言うと不老不死…願望に端を発しているものなのだそうで)。

先日の薬膳講習で黒豆や黒米入りの「八宝粥」を試食したので、そのお話も書こうと思いますが、黒い色素には、ほんの~りとした甘みも含まれているように思います。
なので、黒米ブレンドのゴハンはらんぷ店主も好きで、ちょくちょく自宅でも炊いています。





スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ