FC2ブログ
2010-12-17

真夜中のスープ

昔むかし、らんぷ店主の高校の友達で、夏休みや冬休みに浜名湖近くのおじいちゃんちに行く子がいたのですが、休み明けに「夜のお菓子うなぎパイ」なるお菓子をお土産にくれることがありました。

見た目も味も、普通のパイ生地にグラニュー糖まぶして焼き上げた、その辺で売ってる「源氏パイ」とおんなじ感じなんですが、なぜに「のお菓子」なのか未だに良くわかりません。
おぼろげな記憶ながら、原材料に乾燥うなぎの粉(?)かなんか入ってた気がするから、所謂「精がつく」と言うことなのか…それはそれで直裁な商品名ですねwww

あ、でも今書いてて気づきました。
源氏パイってネーミングも、たいがいですね…。


まあそれはともかく、時々書いているように、出稼ぎ仕事から帰ってくるとたいてい深夜なので、作り置きした物を軽ーくつまむのですが、昨日今日みたいに寒い日だと、何かこう体の芯からホクホクあったまって、なおかつその後布団に入るまでその熱が持続してくれるようなものが欲しくなります。
食べてから寝るまでの時間もそう長くないので、消化機能に負担のかからないものがいい。
ついでに買い物に行く時間・料理にかける時間も制約があるので、その条件もクリアしたい。

で、五臓をあっためてくれそうなスープを作ってみました。

材料:にんにく・生姜・葱・ニラ・玉葱・チキンスープの素・塩・水・好みで胡椒

作り方:にんにく生姜は千切り、葱とニラは小口切り、玉葱は粗みじん切りにして、鍋の中に全部入れます。

水を注いで蓋をして火に掛け、具材にほどほど火が通ったら、スープの素と塩・胡椒を入れて調味して出来上がり。

出来立ては、葱やニラの緑がきれいです。
でも色が変わるの気にせず、時間のあるときたっぷり作っておくと、夜遅く帰ったとき、朝起きて時間があまりないけどお腹に温まるものを入れて出かけたいとき、便利です。
ニラ以外は買い置きが利くのもありがたい。

真夜中のスープ・五菜湯(ゴサイトウ)…って、勝手にネーミングしてみました。

まだ作っていないけど、風邪気味の時にはこれを少ししっかり目の味付けにして、さっと洗ったゴハンをいれ、溶き卵を流しいれて「五菜ぞうすい」にしたらいいかな~。




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

五菜湯‥ これは温まりますね‥作ってみるしかナイです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:モチロン五菜湯雑炊も! 笑
また何か教えてください☆

おぬともさん

是非是非トライしてみて、また感想教えて下さいな。五菜湯うどんもイイかもよ(笑)
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ