FC2ブログ
2010-11-24

ハノイのビジネス街でランチ

viet7.jpg

ハノイでの、ある日のお昼ごはん(の、一部)です。
この日半日、街歩きに付き合ってくれるというネイティヴのNさんと待ち合わせ、「何でもオッケー、何でも食べます♪」と言って、おススメの店に連れて行ってもらいました。

着いたところは、オープンエアの客席を取り囲むように、麺類からサラダ、煮込みや炒め物、デザート、ドリンク類まであらゆる「屋台」がぐるっと取り囲むようなスタイルのレストラン。
デパートのフードコートをイメージしていただくと、ちょっと近い感じです。
違うのは、自分で屋台まで出向いて注文するのではなく、ちゃんとホールスタッフがいて、メニュウブックの中からオーダーすると、それぞれの「屋台」から料理を運んでくれるところ。

Nさんはこちらの好みを確認しつつ、お勧めと彼女が思う料理をセレクトしてくれました。
まず、写真の右から、ハマグリのレモングラス蒸し。
酒蒸しにレモングラスやホーリーバジルの香りが程良く絡んでる感じで、甘めのチリソースがついて来ましたが、ソース無しでも十分美味しかったです。
因みにヴェトナム料理は、殆どの料理に何かしらのタレ・ソースがついて来るので、何品かオーダーすると卓上にタレの小皿がいくつも並んで、「どの料理にどのタレをつけるのか判らん」状態になります。
左上の麺類は、ちょっと太目の「ブン」の汁そば仕立て。
これはNさんが好きで、お昼に良く食べるのだそう。
ブンは讃岐うどんから「コシ」だけ抜いたような感じで(これはこれで美味しいのです。コシのない讃岐うどんはいただけませんが)、スープはあっさり、ニョクマムよりも醤油を使っているような味でした。
違うなあ、と思ったのは具で、豚バラブロックを軟らかく煮たものや結構大きな海老が入っていて、なるほど一人のお昼ならこれ一杯で満足かも、と思わせるものでした。
左下の料理が、如何にもヴェトナムな一品。
茹でてぶつ切りにしたブンと厚揚げを、マムトムという海老の醗酵調味料ダレに絡めていただくものです。
Nさんが「マムトム、大丈夫ですか?」と訊いてくれたように、かなりの醗酵臭があり、好き嫌いの分かれるところかもしれません。
アジアには海老味噌系の発酵食品がいくつもありますが、らんぷ店主がすぐに思いつく代表的なものを並べてみても、アミ海老の塩辛(日本や韓国)<カピ(タイ)、蝦醤(中国)<マムトムの順に、「クセ」が強くなってくるような気がします。
Nさんはそのマムトムに、まずライムの汁をたっぷり絞りいれて手早くかき混ぜ、それに厚揚げやブンをつけて食べるのだと説明してくれました。

このときは3人とも飲み物はベトナム緑茶でしたが、このマムトムだれの料理は、ヴェトナム米焼酎なんかが合うのかもしれません。
或いは、仏領インドシナ時代のフランス人であったなら、フルボディの赤をあわせてたかも…?
マムトム味の厚揚げって、ゴルゴンゾーラといい勝負な気もしますし。

このほか、バインセオというヴェトナム版お好み焼きと、らんぷ店主の好きなハスの茎のサラダもいただいて、動けないぐらい満腹でした。
(いやちゃんとその後、ぐるぐる夕方まで歩き倒して、食べたものを消費しましたが)

結構客席もたっぷりありそうな大きい店でしたが、ちょうどランチタイムとあってか、近隣で働いていると思しきヴェトナム人で、店は大混雑。
Nさんの話によると、元々それぞれ評判の高いレストランや食堂が一堂に集まってこの屋台合体レストランを形成してるのだそうです。
「地元のサラリーマンで賑わう、でも外国人旅行者が来ても手軽にヴェトナムらしい料理を楽しめる店」という感じです。



しかし、食事中にインドシナ名物?のスコールなんか来たら、どうするんでしょうね…。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ