FC2ブログ
2010-09-20

9月「いちにち藍布」料理ご紹介

48onelamp9no1.jpg

11日に天満橋のドーンセンターで開催した「いちにち藍布」の料理のご紹介です。
因みに写真は全て、当日参加してくださったN氏撮影によるもの。
ここであらためて御礼申し上げます。
いや助かりました~♪

まずメニュウをざっとご紹介しますと

野菜たっぷり生春巻
大豆とコーンの韓国風サラダ
カボチャとトマトの煮物
ヴェトナム風炒め春雨
鶏手羽とレンコンの薬膳スープ
むき緑豆と粟入りごはん
白木耳とバジルシードのデザート


以上でございます。

以前にブログで紹介済みのお料理については、補足と召し上がっていただいたご感想など、書いていきますね。


ひと皿めの生春巻。
谷町の「藍布」の夜の定番メニュウでした。
今はもうヴェトナム料理屋でなくても、メニュウに載せている店も多く、すっかり定着した感のある料理ですね(…因みに、当のヴェトナムではレストランに行って注文しても、外国人観光客向けの店以外では置いていなかったりします。レストランで食べるものじゃなく、間食、オヤツ扱いなんですね)。
茹でた豚肉とエビ、ビーフン、サニーレタスなどをライスペーパーで巻いて味噌ダレで食べるというのがわりと多いパターンだと思いますが、藍布のは殆ど野菜です。
サニーレタス・青紫蘇・にら・大根と人参のなます、あと茹でた豚肉少々。
野菜が多いのでかさばるんですが、これをぎゅううっとライスペーパーの中に押し込め包んでしまいます。
つけダレはスイートチリソースベースで、味噌ダレよりさっぱりしているせいか、谷町でお出ししていたときは、おひとりで4本ぐらい召し上がってくださる方がおられました。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ