FC2ブログ
2010-09-09

大豆を煮て和え物に

前回の記事の翌日にアップしようと思っていたのに、なんだか日が開いてしまいました。
昼と夜に仕事して、その合間にヒルネしてるからいけないんですね(爆

とりあえず、前回の写真の上のほうの一皿「大豆とコーンの韓国風和え物」。

大豆さえ煮てしまえばあとは簡単。
じゃあ大豆の水煮使えば更に簡単、なんですが、できれば、乾燥大豆を一晩水に漬けて、煮たのを使ってみてください。
自分で煮ると固さが調整できるので、市販の水煮よりやや固め、枝豆に近い歯ごたえにするのがポイント。
一度に沢山煮ようとすると大変だけど、この和え物1回分ぐらいなら、カップ1/2ぐらいの乾燥大豆で足ります(10人家族じゃ足りないかもしれないけど)。
なんせこの暑さなので、吹き零れないように短時間コトコト煮たあと蓋したまま火を止めておいても、冬場に弱火で煮ているのに近い状態が保たれるわけです。

その代わり、トウモロコシは妥協してホールコーンの缶詰や冷凍コーンを茹でて使っちゃいましょう(笑)。

大豆とトウモロコシの比率はお好みで。
今回は大豆やや多め、6対4ぐらいの量で作ってみました。

水煮した大豆と、茹でたつぶつぶコーンを、以下のあわせ調味料で和えます。

コチュジャン+酢+醤油+ごま油+すりゴマ

割合は(いっつも言ってますが)お好みで、辛くしたいならコチュジャン多め、サッパリ系ならお酢多め、ご飯の友にしたいのでしっかり濃い味がいいのなら醤油多め、といった具合に加減してください。
らんぷ店主はよく、ごま油控え目、その分すりゴマたっぷりでコクを出します。

和えてすぐより、冷蔵庫でしばらく置いて味を素材に馴染ませた方が美味しいです。
(但し、醤油大めのときはしょっぱくなりすぎることがあるので、ご注意を)

大豆のコリコリ、コーンのプチプチの食感が楽しい一皿です。
大豆は漢方では「気を補う」ので、バテバテ気味な今の時期に丁度良いですね。
とうもろこしは、体の中の余分な水分を取り除いてくれます。
この歯ごたえゆえ、必然的に良く噛んでしまうので、暑さで弱っている消化機能にも優しくすることができます。





スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ