FC2ブログ
2010-08-08

シメのごはんもの~7月「いちにち藍布」より

onedaylamp7no4.jpg

7月の「いちにち藍布」の料理ご紹介もやっと終盤。
藍布のランチスタイル同様に、ゴハンとオカズをワンプレートに盛り合わせてみました。

「トウモロコシと粗挽き肉のピリ辛炒め」と「緑豆入りご飯」です。

夏のトウモロコシや枝豆は、茹でるだけで美味しいのですが、そのまんまじゃゴハンのオカズにはならない。
ところが、そのツブツブ感を活かして、豚肉と炒めあわせると、立派な主菜になるのです。
肉は勿論ふつうのミンチでもいいのだけど、やっぱりひと手間かけて粗めのみじん切りにすると、歯ごたえと旨みが違います。

味付けは醤油と塩だけでもいいのですが、今回はちょっぴりピリ辛にするため、炒めるときに豆板醤を使いました。

緑豆入りのご飯は、緑豆を(米3合に対して大さじ2~3ぐらいの割合)一晩水に漬けておきます。洗った米に混ぜて水加減をし、普通に炊きます。

写真は皮付き緑豆ですが、もしも皮なしの緑豆なら、水に漬ける手間は不要です。
米と一緒に浸水させ炊くだけでも、潰れてしまうぐらい柔らかくなります。

今回は、盛り付けるときにゴハンにもオカズにもクコの実と松の実をパラパラッとトッピングしました。
漢方的な食材の中ではこの二つはとても使いやすいので、ひと袋買っておいて炒め物やサラダなどに使うといいです。
クコは「肝」を助ける食材で、疲れ目やかすみ目に効くとされています。
現代栄養学的に見ても、「「天然のマルチビタミン剤」と言えるぐらい、多種類のビタミンを含んでいるそうです。
松の実は(因みに中国語では松子というのですが、いつだったか、谷町の藍布の店舗の隣接ギャラリーのオーナーさんにそういったら「いや松子(マツコ)やなんて、犬神家みたいやねえ~」というリアクションがwwww)、「肝」と「肺」につながる食材です。
肺を潤し、肌を潤し、腸を潤すので、空咳、お肌の乾燥、便秘などに良いといいます。
パウンドケーキなど焼き菓子に入れても美味しいです。

むかーし、上海の食堂で松の実とクコの実が入ったトウモロコシ炒めを食べましたが、材用はその三つだけ(しかも殆どトウモロコシ)なのに、あっさりしながらほどよいコクと食べ応えがあり、気に入って藍布の夜の日替わりメニュウでも時々お出ししていました。

今回はゴハンにも豆が入っているので、スプーンやレンゲで一緒に掬って食べると、いろんなツブツブが楽しめます。




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ