FC2ブログ
2010-07-03

とうもろこしと豚ひき肉のピリ辛炒め

cornhikinikuitame.jpg

とうもろこしの季節ですね。なんか最近は「生食可」な品種まで、出ているらしいですね。
茹でるだけで美味しく食べられるんだけど、暑い夏はそれもイヤということでしょうか…。

まあ、茹でるだけじゃ、ゴハンのおかずにはならないので、どうせキッチンに立つならば、もうちょっと頑張って(と言うほどの手間でもありませんが)今晩の献立メインに持っていけるような一皿を。

旬なので、勿論生のとうもろこし買ってきて皮むいて実をこそげ取って使うほうが美味しいのですが、冷凍コーンでも、缶詰コーンでも、まずはお気軽に。

で、材料と作り方。

とうもろこし(実の部分) 150gぐらい
豚ひき肉  80~100g
にんにく ひとかけ
調味料:塩・醤油・粉唐辛子または豆板醤・油

とうもろこしは、生なら皮をむいて実を包丁でこそげ取ってください。
缶詰なら缶の汁気を切っておいて。
ニンニクはみじん切りに。

フライパンに油とニンニクを入れて温め、ひき肉を入れてほぐすように炒めます。
肉の色が変わってきたらとうもろこしを入れて炒め、好みのピリ辛醤油味に調味します。


とうもろこしと肉の割合はお好みでいいのですが、らんぷ店主はたいていとうもろこし多めです。
また、ひき肉買って来ても勿論いいのですが、出来れば薄切りの肉を包丁で粗みじんに切って使うほうが、ジューシーで美味しいです。

写真は、ゴハンの上に盛って、パクチーをあしらいました。
ゴハンと別に大皿に盛って、卓上で取り分けてもいいし、レタスに包んで食べるのもオススメです。
ビールの友にもなりますしね。
彩りがキレイだし汁気の出にくい炒め物なので、お弁当にもいいかも。

身近な野菜のわりには、茹でるかサラダにちょっと入れるか、バターソテーぐらいしか思いつかない。
あとコーンスープもあるけど、家でコーンスープ手作りって意外と少ないですよね。
でもアジアでは結構いろんな使い方されています。
東南アジアだと、スイーツにも使われていたりして。
利水作用があるので夏の湿気を防ぐのに役立つ食材。むくみにもいいそうです。
また機会があれば他のレシピも紹介していきますね。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ