FC2ブログ
2010-05-01

4月「いちにち藍布」メニュウその2細切りジャガイモとザーサイ炒め

onedaylamp4no2.jpg

前々回のメニュウ一覧に書き漏らしたのですが、これもお出しした一品です。
素材自体は別に珍しくも無いんだけど、ジャガイモを細切りにするところが日本人には新鮮ですよね。
中国では凄くポピュラーなメニュウで、野菜の取り合わせも色々です。
藍布の夜の一品でも、ジャガイモだけを細ーい千切りにして、酢を利かせた味付けで炒めたのをお出ししてました。

今回は、ザーサイです。ジャガイモはマッチ棒ぐらいを目指して細切りにして、水に少し晒してザルにあけます。
ザーサイもさっと洗って同じぐらいの細さに。
よく水で塩抜きをするけど、らんぷ店主は塊のザーサイを使うときでも表面だけさっと洗って、後はそのまま切って使います。
ザーサイ自体の味で調味したいので。
ニンニクもひとかけ(でもふたかけでも、ご自由に)千切りにします。
あとはいつもの炒め物と一緒。
鍋にニンニク入れて油しいて火にかけて、あったまってきたらニンニク焦がさないうちにジャガイモ(よく水気切って)入れて炒めます。
でもジャガイモも焦げ付きやすいので、鍋肌にくっつきそうになったら酒か水かお酢を、ほんの少々回しいれて、ジャガイモこそげるように炒める。
続いてザーサイを入れて炒め、味を見て、物足りなければ塩か醤油少々を。

油はサラダオイル、オリーブオイルなどでもいいですが、ごま油にするとまた違った味わい。
ザーサイとごま油の相性がとてもいいのです。
ピーマンの千切りを入れると彩りがいいですね。
ベジタリアンのチンジャオロースーってところかな。

ジャガイモをゴハンのおかずにって考えにくいけど、これはいけます。
勿論、ビールのアテにもなります。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

これも好きな味でした♪お酒やご飯が好きな私にはバッチリでした♪

Re: タイトルなし

キムチもそうだけど、ザーサイも加熱するとまた別の旨みが出るのですね。
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ