FC2ブログ
2020-02-10

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20200206_124221.jpg



お品書きは、

カブとコーンの塩糀サラダ
厚揚げと春キャベツのシンガポール風スパイス炒め
薬膳スープ
韓国風ポーク肉じゃが
黒米とキビ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け

そして、

IMG_20191123_150227.jpg

デザート:杏仁ブラマンジェ
ローズ紅茶

以上でございます。

一品目は具材と塩糀の甘み・旨みが合わさってシンプルな味付けながらいくらでも食べられそうな浅漬け風のサラダです。
カブはお腹を温めつつ冬に起こりがちな炎症も防いでくれます。いろどりと食感アップに添えたコーンは利水作用でむくみ改善に。
お次は、春キャベツの甘みをスパイスで程よく引き締めた炒めもの。
らんぷ店主がシンガポールのフードコートで食べたお惣菜をアレンジしたものです。
厚揚げにカレー風味のスパイスが意外ですがよく合うのです。

薬膳スープは肺を潤す百合(ヒャクゴウ)や、血をしっかり補う地黄(ジオウ)などなどを入れました。

メインの煮込みは、豚バラ肉とジャガイモをコチュジャンや白ゴマ・葱など香味野菜たっぷり絡めたピリ辛甘い合わせ調味料でじっくり煮込んだ、煮汁だけでもごはんが進む韓国のおばんざいです。
気をしっかり補い、体を温めて肺や呼吸器もケアする働きの食材も入っている組み合わせです。
韓国式の合わせ調味料はその名も「薬念(ヤンニョム)」、薬効を念じるって頼もしい響きですね。

デザートは、この時期やはり気になる肺や呼吸器を潤す働きのある杏仁を使い、おなじみの「杏仁豆腐」よりもクリーミイでとろける舌触りのブラマンジェ風にしたもの。
「丼いっぱい、いやバケツでも食べられます」というお声を頂戴しました(笑)
仕上げのデザートはやはり、美味しくて楽しい気分になれることが大事ですね(^^)/

引き続き新型コロナウイルスの動向が気になりますが、アメリカではインフルエンザが猛威を振るっているそう。
日本でもインフルの患者さんはこの時期多いです。
どちらにせよ感染症の予防には、誰もが知っている基本、地味なうがいや手洗いをおろそかにしないこと、その前に睡眠と食事をおろそかにしないこと、だと思います。

明日明後日は店休日をいただきまして、13日木曜日からはまた、がらりと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、大根と里芋、牛肉をネギや生姜のきいたしょうゆ味でこっくり煮込んだ中国風のおばんざいです。
どうぞお楽しみに。







スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ