FC2ブログ
2019-07-23

薬膳ランチ:昨日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20190720_122718.jpg

お品書きは、

キャベツの自家製塩糀漬け・陳皮風味
豆腐ドレッシングのサラダ
薬膳スープ
イワシと夏野菜のマレーシア風ココナッツカレー
黒米とハトムギ入りごはん

そして、

IMG_20190711_141211.jpg

デザート:八宝みつ豆・夏バージョン
ベトナムのハス茶

以上でございます。

去年ほどの猛暑ではないとは言え、日中の湿度はかなり高くてどこもかしこもムシムシしますね。
ちょっと体もなんか重だるいなあと感じておられる方も多いのではないでしょうか。

さてそんな週の一品目は、さっぱりとして後口も爽やかなキャベツの塩糀漬け。
この風味は生姜と、陳皮(温州ミカンの皮を乾燥させたもの)の香りからきています。どちらも胃腸の消化能力を高める働きを持っています。キャベツも健胃作用のある野菜ですから、湿気で食欲減退と言う時期にぴったりですね。

お次は、水切りした豆腐を「食べるドレッシング」にした夏に人気のサラダです。
6月に黒酢漬けにしたラッキョウをみじん切りにし、漬け汁も一緒に崩した豆腐と合わせました。
ラッキョウはお腹を温めて、また夏の暑さで負担のかかりやすい心臓をケアする働きも持ちます。
黒酢は血の巡りをスムーズにして疲労回復にも役立つので、夏バテ保防止にうまく使いたい調味料ですね。
この「豆腐ドレッシング」、野菜にはもちろんですが、暑いこの時期、ご飯に乗せて「ひんやり豆腐丼」にしてもなかなか美味しいのです。

この週のメインはパプリカやピーマンなど夏野菜とイワシを使ったマレーシア風のココナッツカレー。
南アジアは魚介を使ったカレーをよく食べます。周りが海ですしね。
このカレーもイワシの出汁とスパイスとココナッツミルクの組み合わせが絶妙で、ご飯がついつい進みます。
青背の魚は血の流れをスムーズにしてくれて気と血を補ってくれますし、夏の緑黄色野菜は抗酸化作用によって紫外線から髪やお肌を守ってくれます。

デザートは、夏向きの清熱と解毒作用のある緑豆をメインにした色々な豆類と雑穀類を冷やししるこ風にした定番人気の八宝みつ豆、養生のお茶は引き続きベトナムの蓮茶です。


今日明日は店休日をいただきまして、明後日25日からはまた、がらりと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、豚バラ肉と厚揚げ、大根などをカツオと昆布の出汁でじっくり煮込んだ沖縄のおばんざいです。
カラダに熱をこもらせず疲労を取り除いてくれます。
どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ