FC2ブログ
2019-04-22

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20190418_141256.jpg

お品書きは、

春キャベツの自家製塩糀漬け・陳皮風味
人参とプチトマトとグリーンレーズンのチリソースマリネ
薬膳スープ
ベトナム式トマトチキンカレー
黒米とハトムギ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け

そして、

IMG_20190418_143555.jpg

さつまいもと皮むき緑豆のココナッツミルク
ローズ紅茶

以上でございます。

昼間は初夏を思わせるような気温になってきましたね。それでも夜は意外に風が冷たかったり、朝晩の気温差が大きくてちょっと体がだるいという人もちらほらです。
服装の調節とともに、内臓を冷やさない食事の工夫も大切ですね。

さて、そんな週の一品目は、この時期何度も食卓に乗せたい春キャベツの塩糀漬けです。
キャベツと塩糀の甘みを生姜が程よく引き締め、陳皮の香りで後口さわやかです。
寒暖差や春の生活変化に伴って溜まりがちなストレスで影響を受けやすい胃腸の働きをサポートする食材の組み合わせです。

お次は、この時期ぐっと強くなってくる紫外線から髪や肌を守る働きが期待できる抗酸化作用のある成分をたっぷり含んだサラダ。
ニンジンやプチトマトから出る汁気を吸い込んで柔らかくなったグリーンレーズンが甘みもぐっと増して、いいアクセントになるのです。
補血の食材の組み合わせなので、ちょっと立ちくらみや疲れ目が気になるという時にもいいですね。

薬膳スープに使用する生薬は、体の水はけを良くするものに少しずつシフトしています。

メインの煮込みは、トマトたっぷりにレモングラスの香りほんのりのベトナム式チキンカレーです。
程よい辛さにトマトの酸味、スパイスの香りで気の巡りをスムーズにしてくれそうです。
紫外線対策に頼もしいトマトですが、冷やす働きが強い性質も持っているので、たっぷりと食べたいときはこうして煮込みにしたり温性のスパイスを組み合わせるのがポイントです。

デザートは、胃腸を整えるさつまいもと、ぷちぷちっとした食感が楽しい緑豆の皮むきタイプのあっさり甘煮にココナッツミルクをかけたものを。
体の余分な熱を取ってデトックスの働きもある緑豆は、これから少しずつ出番が増えていきます。

明日明後日は店休日をいただきまして、25日木曜日からはまた、がらりと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、筍と豚肉のカンボジア風醤油煮込みです。
カンボジア料理、と言うとなかなか馴染みがない方も多いかと思いますが、これは和食??とも見間違うようなあっさりとシンプルで、滋味深いおばんざいです。
どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ