FC2ブログ
2019-01-21

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20190117_133946.jpg

お品書きは、

厚揚げと白ネギの干しエビ炒め
大根と春菊のサラダ・梅味噌ドレッシング
薬膳スープ
鶏とサトイモの中国風ネギしょうゆ煮込み
黒米とモチキビ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け

そして、

IMG_20190117_135850.jpg

デザート:もち米とさつま芋、龍眼のココナッツミルク
ローズ紅茶

以上でございます。

昨日は二十四節気の大寒、奈良では雪にこそならなかったものの終日、冷たい雨が降ったり止んだりでした。
でも、ほんの少しずつ日は長くなっている気がします。
寒さやカゼ対策をしつつ、春先への備えも考えていきたい時期ですね。

さて、一品目は白ネギの甘みと干しエビの旨みが絡んだ、地味ながら飽きの来ない味わいの、まさにアジアのおばんざいです。
豆腐と白ネギ、どちらも白い食材ですが、白には肺を補うものが多いのです。
インフルエンザなどは呼吸器が弱っていると感染しやすいですから、元気な時もこうしたものを採り入れて美味しく予防に努めたいですね。
お次は、生の大根と春菊に、青梅を味噌に漬け込んで作った梅味噌をベースにしたドレッシングをかけたもの。
真ん中のトッピングは、赤玉ねぎの酢漬けです。
気を巡らしてお腹の張りやイライラなどを軽減するアイテムを組み合わせています。

薬膳スープには、気を補う黄耆や肺をケアする百合の他、血をしっかり補う地黄などもブレンドして、ちょっと黒っぽい仕上がりです。

メインは、サトイモと鶏肉に生姜や葱、干しシイタケをたっぷり入れた旨み抜群の醤油煮込みです。
見た目が黒々としていますが、中国の南方などでよく使われる「老抽」という塩分の少ない溜まり醤油のようなものを使っているので、見た目よりも穏やかな味です(^^♪
香味野菜たっぷりで、食べているうちにじわじわと温まってくるというお声もよく頂戴しました。

デザートは、もち米とさつま芋に、香港で入手してきた龍眼を戻して煮たものをトッピングして、ココナッツソースをかけました。
もち米とさつま芋は気を補って体を温めてくれますし、龍眼は血を補い、生薬としても使われるドライフルーツです。

食後のお茶は、血行をスムーズにするバラの花をブレンドした紅茶を。

週末は台湾からのお客様もいらして、実はらんぷ店主はこっそり「今週のメニュウは中華圏の方にはあまり珍しくないから、喜んでいただけるのだろうか」といささか気になったりしたのですが、
日本語が堪能な方で、お会計の時に「芋と鶏の煮込みがすごく美味しかったです。デザートも」と言っていただいてとても嬉しかったです(^^♪

明日明後日は店休日をいただいて、24日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております(^^♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ