FC2ブログ
2018-11-19

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20181115_132938.jpg

お品書きは、

茹で野菜と厚揚げのインドネシア風ピーナッツソースのサラダ
大根と白菜のサラダ・赤じそドレッシング
薬膳スープ
韓国風炒り鶏
落花生とキビ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け

そして、食後のデザートとお茶

IMG_20181026_121403.jpg

杏仁ブラマンジェ
金木犀入りウーロン茶

以上でございます。

一品目は、「ガドガド」と言うインドネシアの野菜料理、厚揚げやジャガイモ、ブロッコリーなどの茹で野菜に、ピーナッツをペーストにしたものをベースにサンバルと言う唐辛子調味料などを加えて作るソースをかけたもの。
ご飯にも混ぜ込んでいるピーナッツ、落花生には、肺や呼吸器をケアして咳や喉のトラブルを防ぐ働きがあります。
薄皮の部分には、鼻血など出血しやすい症状を止める「止血作用」があるとも言われています。

お次は、これから寒くなるにつれ甘味が増してくる大根と白菜をざくざくサラダに。
いずれの野菜も、秋冬に起こりやすい炎症を鎮め、お腹の調子も整えてくれます。
涼性なので、冷えが強い方や寒い時期の夕食は、煮物や鍋など、温かく調理してどうぞ。
上に乗せているのは6月に赤じそを塩と酢で漬けこんだものをベースにしたドレッシングです。
赤じそはお腹を温め気の巡りを良くしてくれます。
漢方では「蘇葉(ソヨウ)」と言う生薬名になります。胃腸の調子が悪い時に処方される漢方薬にこの蘇葉がはいってることがあります。

メインは、とにかくご飯にぴったりの、韓国風の炒り鶏です。
喉に良いレンコンや、疲れ目を補うニンジン、そして(煮汁に溶けてほぼ見えませんが)身体を温めて気を巡らせる玉ねぎがたっぷり入っています。
鶏肉は、野菜類を美味しく食べるためのバイプレーヤー的存在(^^♪
ベースの醤油に韓国唐辛子やごま油の香りが絡んで、幅広い方に好評でした。
ご飯には前述の落花生と、消化を助けるキビをブレンドしました。

デザートは、空気が乾燥する季節に食べたい、肺を潤し美肌にもつながる杏仁をブラマンジェ風にクリーミーに仕立てたもの。
10月にも一度登場していますが、その時のブログを読んで「これ、食べたかったんです!」と仰って下さったお客様がいらっしゃいました(^^♪

明日明後日は店休日をいただきまして、22日木曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、やはり肺や呼吸器をケアする野菜たっぷりの、ベトナム風ポトフです。
シンプルな味付けですが、根菜類の旨みがしっかり出る為か、滋味深い味わいです。
デザートは、さつま芋とココナッツミルクを使ったものを予定しています。
どうぞお楽しみに。







スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ