FC2ブログ
2018-11-05

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20181101_114101.jpg

お品書きは、

キャベツの自家製塩糀漬け・陳皮風味
色々キノコと春雨のシンガポール風スパイス炒め
薬膳スープ
緑黄色野菜たっぷりフィリピン式ピーナッツビーフシチュウ
アワと落花生入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け

そして、

IMG_20181105_115921.jpg

デザート:サトイモと小豆のココナッツミルク
金木犀烏龍茶

以上でございます。

まずは、脾(消化能力)を調えるアイテム揃いのさっぱりした一品から。
キャベツを自家製の塩糀で浅漬けサラダ風にしています。一緒に入れた千切りの生姜、ミカンの皮を干した陳皮ともに、風味付けになるだけでなく胃腸の調子を整えてくれます。
上に散らしたクコの実も彩りになるとともに、肝腎を補って廊下をコントロールしてくれる働きを持ちます。
飽きずにざくざく食べられるサラダです。

お次は、シメジやエリンギ、干しシイタケなど色々なキノコをたっぷり、緑豆春雨と炒め合わせたもの。
ほんのりカレーっぽい、でも辛くはない、シンガポールのフードコートで食べたおかずの味を元にした味わいです。
緑豆春雨はどちらかと言うと春夏向きの寒涼性のアイテムですが、昼間は時々汗ばむこともあるこの時期、免疫をあげるキノコや温め系のスパイスと共に炒めて温菜にすると、お腹を冷やさず楽しめますね。
繊維質たっぷりで、お通じの改善やダイエット効果も期待できます。

メインは、ニンジンやブロッコリーをたっぷり入れ、ピーナッツペーストをベースにしたシチュウのような煮込み。
見た目が日本の典型的なカレーライスの色合いですが、食べると味も香りもカレーとは全く違うので、
初めての方は「ををを」と声をあげられる方多いです(^^♪
マイルドでほんのり甘味とコクがあって、ご飯にしっかり合う味です。
ピーナッツ、空気の乾いた今の時期に起こりやすい空咳、乾燥肌などを体の中から予防し潤してくれるアイテムです。

ごはんにも、茹でた落花生と、そして消化を助けるアワをブレンド。

デザートは、消化機能を助けるサトイモと体のむくみに効く小豆を合わせてココナッツミルクをかけたもの。
サトイモのとろみと小豆の甘みがぴったりで、小豆とココナッツミルクの相性もまたなかなかなのです。
中華圏や東南アジアでは、サトイモ、よくこうしたデザートに使われます。

明日明後日は店休日をいただきまして、8日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、こっくり秋らしい煮物、大根と牛バラ肉の中国風ネギしょうゆ煮込みです。
どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ