FC2ブログ
2018-08-19

薬膳ランチ:17日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20180810_115537.jpg

お品書きは、

枝豆とコーンとポテトのフェンネル風味サラダ
ニンジンとキュウリのアチャール
薬膳スープ

そして、

IMG_20180810_125504.jpg

夏野菜たっぷりアラブ式チキントマト煮込み
ハトムギと黒米入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:仙草ゼリーとマンゴーのココナッツミルク
ライチ紅茶

以上でございます。

2,3日前からグッと朝晩の気温が下がり過ごしやすくなりました。
とは言え日中はまだ陽射しも強さを感じますね。
例年にない猛暑続きで「暑さ疲れ」も溜まってきている方もいらっしゃるかも。
こもった熱を取りつつ、胃腸を助けるメニュウで美味しく元気を取り戻したいものです。

さて一品目は、枝豆やコーン、じゃが芋といずれも脾(西洋医学の脾臓とちょっと違って、消化機能と言う意味が近いです)の力を補うアイテムを、しゃっきりした香りのスパイス・フェンネルの風味のサラダにしました。
フェンネルもまた、お腹を温めることによって消化機能を助けてくれます。

お次はインドネシアのアチャール、カレー風味のピクルスのようなサラダです。
清熱と利水のキュウリに、血を補うニンジンを組み合わせました。
和食ではキュウリの酢の物って夏の定番ですね。
酸味には汗の出過ぎで体力を消耗売るのを防ぐ働きもあり、
国やレシピは違っても、どちらも夏バテ防止に効果があると経験的に知って伝えられてきたあじあのおばんざいかなと思います。

メインは、オクラやナス、ズッキーニなど夏の野菜を主役にしたトマト煮込み。
中東で使われるスパイス配合でちょっとエキゾチックな味わいです。
鮮やかな色の夏野菜の多くは抗酸化作用で紫外線対策に役立ちますし、漢方薬膳的には身体にこもった熱を取るもの・体内から潤すものが多いですね。
肉は、中東では羊や牛肉を用いることも多いようです。
今回は消化に負担のかかりにくい鶏肉を組み合わせました。

デザートは、台湾や中国の南方で良く食べられている、仙草ゼリーと言う黒い寒天のようなものに、マンゴーとココナッツミルクを合わせました。
仙草ゼリー自体は真っ黒な見かけとは裏腹に、味も香りもほとんどない淡白な食材なので、果物やアイスクリームなど色々な組み合わせで気軽に楽しめます。
らんぷ店主はいつも「黒い寒天です」とご説明してますが、今週のお客様の中に「見た目ピータンですね」と仰る方が(;^ω^)
確かに、ピータンの外側の部分そっくりです。
さっぱりした、アジアンみつ豆と言う感じのデザートで暑気払いにぴったりです。
食後の養生茶は、血を補ってお肌を明るくすると言われるライチのエキスをブレンドした紅茶を。

18日から22日まで連休をいただいております。
23日からのランチはまた後日、ご案内しますね。
薬膳ごはんセミナーのお申し込みやご予約のお問い合わせなど、
ブログのコメント欄(管理人のみに公開をご利用ください)や、Facebookの藍布のページからのメッセージでも承ります。
通常よりちょっとお返事が遅くなるかもしれませんので、ご了承ください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ