FC2ブログ
2018-07-24

薬膳ランチ:昨日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20180719_141329.jpg

お品書きは、

アラブ式ラタトウィユ冷製
ラオス風のピーナッツサラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20180719_141647.jpg


夏野菜と鶏のフィリピン式しょうゆ煮込み
アワと黒米入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:パイナップルとクコの実のゼリー・ココナッツミルク添え
ベトナムのハス茶

以上でございます。

例年なら、今頃が一番暑い時期…のはずが、7月初旬からこれまでにない猛暑続きですね。
陽射しの強さも、尋常ではありません。

一品目は、紫外線からお肌を守る、抗酸化作用成分を豊富に含む野菜色々を詰め込みました。
ズッキーニやオクラ、玉ねぎ、ピーマンなどをエキゾチックなスパイス遣いでトマト煮込みにして、冷たくしたもの。
サウジアラビアなどで食べられている「サローナ」と言うシチュウを野菜だけでアレンジしたもので、
フランスのラタトウィユやイタリアのカポナータに近い感じです。
漢方的に見れば、身体にこもった熱をとりつつお肌を体内から潤し、気の巡りもスムーズにする食材の組み合わせになります。

お次は、カリカリのピーナッツの食感が楽しい東南アジア風のサラダ。
気の巡りを良くする青紫蘇の香りと、ドレッシングのチリソースのピリ甘辛がマッチングして、
葉野菜がわしわし食べられます(^^♪

メインは、食欲が落ちる今の時期にお腹にやさしい、フィリピン式の煮込みです。
鶏肉の一緒に、茄子やインゲン、そして溶けて見えなくなっていますがどっさりの玉ねぎを入れて、しょうゆベースのあっさり味で煮込んでいます。
隠し味に酢が入っているので、後口は爽やか。
夏は汗をかいて体温調節することも大事ですが、かきすぎると脱水症状や熱中症のもとに。
漢方的には、汗のかきすぎは気を消耗してしまうと考え、それを防ぐのに酸味を適量摂ると良いと言われます。
そう考えると和食の酢の物も、日本の夏の養生にはぴったりですね。

デザートは、身体に籠った熱を冷まして、中から潤い補給するクコとパイナップルを組み合わせた食感が楽しいゼリーです。

厳しい暑さは今後もしばらく続くようです。
藍布のある奈良きたまちは、高い建物が無くて空が広やかで良いのですが、反面、陽射しをさえぎるものが少なくて、お昼時においでいただくのが申し訳ないぐらいになります。
その分、来ていただいたからにはしっかり美味しく元気チャージしていただけるよう、次週も気合入れて準備して行きますね。
お次のメインは、スリランカ風のサバのココナッツカレーです。
サバ好きさんには勿論、それほどでもないと言う方でも、スパイス遣いとココナッツミルクで、和食のサバとはまた全く違った味わいです。
デザートは、清熱とデトックスの緑豆のココナッツミルクを予定しております。
どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ