FC2ブログ
2018-01-08

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20180108_062450.jpg

お品書きは、

レンズ豆とじゃがいものスパイスサラダ
白菜と大根のサラダ・韓国風ドレッシング
薬膳スープ

そして、

IMG_20180108_062944.jpg

フィリピン風ピーナッツ風味のビーフシチュウ
黒米とピーナッツ、キビ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:紫芋ともち米のココナッツミルク
陳皮とバラ入り紅茶

以上でございます。

2018年最初の養生ランチ、しっかり体を温めるとともに、年末年始のご馳走続でお疲れ気味の胃腸をケアすることも意識した献立にしました。

一品目、じゃが芋とレンズ豆をそれぞれ程よい歯ごたえに茹でて、コリアンダーやクミンなど健胃作用のあるスパイスを使った一味違うポテトサラダです。
芋類も豆類も、気を補い、脾(胃腸の消化機能)の力もアップするのに役立つ食材です。
次のサラダは対照的にシャキシャキな歯ごたえ。
大根は肺や喉の余分な熱を鎮めて潤いを与え、カゼ予防にも重宝しますし、脂っこいものの消化も助けてくれます。
天ぷらや和風ハンバーグに大根おろしを合わせるのは、美味しいってだけじゃないんですね。
白菜も胃腸を助けるほか、酒毒を除くとも言われ、二日酔いにおススメの食材です。
火を通して食べるイメージが強いですが、生で千切りした白菜は、シャキシャキ瑞々しくて意外な美味しさ。
実は、大阪の谷町時代にバイトスタッフとして来てくれていた中国からの留学生にこの方法を教わってから、藍布の冬の野菜レシピに登場するようになりました。
大根も白菜もいずれもどちらかと言うと冷やすタイプの食材なので、ドレッシングはコチュジャンをきかせた韓国風に。
冬の寒さに弱い腎を補う黒のすりゴマもたっぷり入れています。

さてメインは、見た目カレーで味は全くカレーとはかけ離れているため、
初めて召し上がるお客様はほぼ例外なく驚かれる、フィリピンのビーフシチュウです。
ピーナッツペーストとスパイスのターメリックでこんな色に。
不思議な味なんですが、ごはんにとてもよく合う、日本人好みのシチュウです。
ピーナッツは肺や呼吸器をケアして、空咳などの改善に役立ちます。
元々この料理は茄子やインゲンなど夏野菜との相性バッチリで、夏バテ防止料理としてお出しすることも多いのですが、
血を補うにんじんと腎を補うブロッコリーに変えて、冬仕様にしました。
ビーフシチュウと言いながら、牛肉の3倍ぐらい野菜が入っています(^^♪

ご飯は、腎を補う黒米と消化機能を助ける温性のキビ、そして歯ごたえが豆のような茹でピーナッツをブレンドして炊きました。

デザートは、鮮やかな紫いもともち米を別々に炊いて冷まし、ココナッツミルクのソースをかけたものを。
身体を温めて気を補い、紫芋のアントシアニンでエイジングケアも期待できるスイーツです。

明日明後日は店休日をいただきまして、11日木曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お伝えしている通り、11日でオープン丸五年です。11日と12日は感謝デーとして、デザートを盛り合わせスタイルでご提供予定です(^^♪

メインの煮込みは、インフルエンザも流行期と言うこともあり、肺や呼吸器を補う白い野菜たっぷりのベトナム風ポトフを予定しています。
野菜料理はほくほくカボチャに粒マスタードをきかせたサラダなど、デザートは、定番人気の八宝みつ豆・冬バージョンです。
どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ