FC2ブログ
2017-05-22

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20170518_113627.jpg

お品書きは、

新じゃがとピーマン、パプリカの細切りザーサイ炒め
春キャベツのラオス風ピーナッツサラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20170519_123922.jpg

緑豆とコーンと鶏の東アフリカ風スパイス煮込み
ハトムギと黒米入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:マンゴーとクコの実のゼリー・ココナッツミルク添え
ベトナムのハス茶

以上でございます。

昼間の気温が30度とか、急に来た暑さに戸惑うお客様もちらほら。
7,8月に比べれば低くても、身体がまだ慣れていないので、意外に疲れが出たりしますよね。
お腹を冷やさず潤い補給、余分な熱を冷ましつつ体力を補っていきたいものです。

一品目は、意外な食感が楽しいジャガイモの細切り炒め。
漢方的には消化機能を助けてくれるジャガイモ、熱に壊れにくいビタミンCも含んでいます。
鮮やかな色合いの赤いパプリカ、ピーマンと合わせてザーサイの旨みで炒めてから冷ましました。
お腹にやさしい紫外線ケアの一品です(^^♪

お次は春キャベツや青しそ、プチトマトなどをこんもり盛り合わせたうえにクラッシュピーナッツを乗せて、
すっぱ辛いラオス風のドレッシングをかけました。
香りも食感も多様性があって、あっさりした野菜だけなのに意外に満足できます。
青しそや、ドレッシングに加えたライム汁などは薫りで気の巡りをスムーズにしてくれますので、
ちょっとストレスたまったなーと言う時にはこんな爽やか系のサラダもいいものです。

メインは、これからの時期どんどん使って行きたい清熱作用のある緑豆と利水の働きのあるコーン、そして気をしっかり補う鶏肉を合わせた、マイルドなカレーのような煮込み料理です。
元々は東アフリカのレシピで、ひよこ豆を使ったものでしたが、藍布の春夏の養生むけに緑豆でアレンジ。
らんぷ店主的には、むしろ緑豆のちょっとしゃきっとした食感がこのスパイスの組み合わせの相性がぴったりと思っております(^^♪

デザートは、身体の余分な熱を冷まして潤い補給にもなるマンゴーと、肝血を補って疲れ目にも効くクコを合わせて緩めのゼリーに仕立て、相性の良いココナッツミルクをソースとして添えたもの。

養生のお茶は、爽やかな香りで気を巡らせ、身体の火照りを冷ましてくれるベトナムのハス茶を。
初めて飲まれると言う方にも、とても評判の良いお茶です(^^♪




明日明後日は店休日をいただきまして、25日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、サウジアラビアなどアラブ地域で食べられている夏野菜と鶏のトマト煮込みです。
ちょっとエキゾチックな香りのラタトゥイユのイメージでしょうか。
現地では羊の肉で作られることも多いですが、羊はこの時期の日本ではちょっと温まる力が強いので、鶏肉で。
色鮮やかな野菜の力で、体の中から紫外線ケアを目指します(^^♪
野菜料理は、ひんやり豆腐ドレッシングのサラダなど。デザートは、さつま芋と緑豆のココナッツミルクを予定しています。
どうぞお楽しみに。




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ