2017-05-02

萬葉植物園

店休日をいただいております。

先週末のお客様から、春日大社の藤が満開~、と言うお話をお聞きしてから気になっていたこともあって、
今日の仕込みが一段落したところで、買い物のついでに久方ぶりに春日大社まで足を延ばしてきました。

昼間は半袖一枚でも十分なぐらいの暑さでしたが、不思議なことに一の鳥居をくぐると、
体感温度が2,3度は下がったような。
背の高い樹木が沢山あるせいでしょうか。

春日大社のシンボルであると言う藤の花、植物園の中には20種類、約200本もあるそうです。
当初の目的はその藤だったのですが、園に入って目に入るのはやはりと言うか、
薬用植物の色々。

IMG_20170502_135703.jpg
まだ丸坊主のナツメの樹。


IMG_20170502_135650.jpg
植物園と言うのはこんなふうに説明書きがあるので、勉強になりますね。


IMG_20170502_135913.jpg
水草みたいなオモダカ。これは沢瀉(タクシャ)という、身体の水捌けを改善する生薬になります。
「五苓散」などの漢方薬に入ってますね。


IMG_20170502_135101.jpg
これ、なんと大根の花と根っこ(って、大根そのもの)。
栽培でもしていない限りこんな風に見ることって少ないせいか、他の観光客の方々も口々に、
「見てみて~~!大根!!」と、写真撮っておられました(^^ゞ

大根も、その種は「ライフクシ」と言って、消化不良のときの生薬になりますね。
野菜の大根そのものも、秋刀魚や天ぷらに添える大根おろし、脂っこいものの消化に良いのです。


IMG_20170502_140430.jpg
さて、藤です。
この麝香藤、名前の通り、他の種よりも芳香が際立っていました。


IMG_20170502_140955.jpg

ともかく至る所藤がびっしりで、見ているだけで満足してあまり写真は撮らずじまい(^^ゞ
藤棚や鉢植えは、たおやかな感じですが、高木にしっかり巻き付いて何メートルもの高さに伸びているのを見ると、
花の繊細さだけでなく、実は強靭な植物でもあるのだなぁと思いました。

賑やかな植物園を抜けたあと、帰り道もまた、樹木の涼しい氣を沢山いただいてきました。

藤のピークはゴールデンウイーク中のようですが、遅咲きの種はこれから見ごろを迎えます。
来週ぐらいまでは楽しめそうです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ