FC2ブログ
2021-03-31

薬膳ランチ:季節の養生ランチコース

先週の季節の養生ランチコースはこんな感じでした(^^)/

IMG_20210327_131424.jpg

お品書きは、

新じゃがのサブジ(インドのスパイス炒め煮)
新キャベツの自家製塩糀漬け・陳皮風味
薬膳スープ
タケノコと豚と黒キクラゲのカンボジア風しょうゆ煮込み
ハトムギと黒米入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:中国の八宝みつ豆
ベトナムのハス茶

以上でございます。
新じゃが、新キャベツとこの時期「新○○」と名の付く野菜が多いですね。
共通するのは素材自体の持つ「甘み」と「柔らかさ」でしょうか。
この、甘味料とは違う「甘み」は、脾≒消化機能を助けると漢方薬膳では捉えています。
季節の変わり目でもあり、年度替わりに伴う色々な生活変化の影響で何となく胃もたれや消化不良のような症状がある時は、
こうした春の野菜の力を借りるのがいいですね。
メインのカンボジアの煮込みは、タケノコが出回る時期にランチに登場します。
元々のレシピでは煮卵いりですが、藍布ではちょっとボリュームを軽めにして、その代わり、血をきれいにしてくれる黒キクラゲを合わせています。
整腸作用のあるタケノコと合わせ、春先のデトックスの助っ人です。
因みに、お馴染みの筍とワカメの「若竹煮」も、今の時期の体のお掃除にピッタリです。

2021年ももう三か月過ぎて、明日からは4月ですね。
今週の養生ランチ、メインは台湾式ビーフシチュウです。
洋食のデミグラスソースではなく、どちらかと言うとスキヤキ・肉じゃがに近いしょうゆベースの味。
でも、らんぷ店主的には「ビーフシチュウ」なんです。
10何年か前の台湾旅行で食べた味がベースになっています。
当分はまだ、海外旅行は予定も立てにくいですね。
季節の養生薬膳で体を調えていただくと同時に、アジアの楽しい気分も味わっていただけるようなランチづくりに頑張ります。

そしてもう一つ、しばらくお休みしていた定番の「ひよこ豆のカレーランチ」も、復活いたしました。
肉やバターなど動物性の食品不使用のカレーです。

IMG_20180913_115123.jpg

カレーランチは写真のカレーに薬膳スープとデザートが付いたセットですが、
このカレーを、「季節の養生ランチ」のメインと差し替えることもできます。
店でのお召し上がりの他、お持ち帰り(ごはん無し)も可能です。
ご家庭でライス、または市販のナンなどと合わせお楽しみください。

スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ