FC2ブログ
2019-09-16

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!
IMG_20190913_125243.jpg

お品書きは、

すりゴマたっぷりニンジンのナムル
レンコンとコーンとポテトのスパイスサラダ
薬膳スープ
牛肉とトマトの香港式煮込み
黒米とモチアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け

そして、

IMG_20190916_124348.jpg

デザート:さつまいもと皮むき緑豆のココナッツミルク
黒クコ入りルイボスティー

以上でございます。

13日は中秋の名月、奈良では興福寺近くの猿沢の池で毎年「采女まつり」が開催されます。
きたまちでもきれいなお月様が雲間からのぞいていました。
中華圏では中秋節、韓国朝鮮半島では秋夕(チュソク)、そしてベトナムなど東南アジアでも家族で集ったりご先祖にお参りをしたりする、アジア共通の行事でもありますね。

さて、一品目は秋口の乾燥に備える白ゴマたっぷりのニンジンのナムルです。
一口召し上がったお客様が「わ、ほんまにゴマたっぷり」と(^^♪
ゴマをはじめ、クルミやアーモンドなど種実類は保湿オイルやクリームの役割を体の内側から担ってくれます。
すりつぶして使うとぐっと体に吸収されやすくなりますよ。

お次は、胃腸の働きを助けるコーンやジャガイモ、そして肺を潤して空咳など予防する働きのあるレンコンをコロコロサイズに切って、コリアンダーやターメリックなどのスパイスをほどほどに利かせて後口はビネガーでさっぱりさせたサラダです。

メインは、らんぷ店主がいつも「香港式ハヤシライス」とご紹介しているもの。
牛肉と玉ねぎをたっぷりのトマトと煮込んだものですが、洋食と違って小麦粉やバターのルウを使わないので、しっかり食べても胃にもたれません。
トマトの程よい酸味が汗の出すぎを抑えて晩夏のだるさを払ってくれるとともに、豊富に含まれるリコピンの紫外線ケア力も期待できます。
隠し味にしょうゆを使っていることもあり、ご飯との相性はピッタリなんです。
彩りと歯ごたえの良さで入れている枝豆も、漢方的には体の水はけを良くして気を補ってくれますし、現代の栄養学的に見てもやはりビタミンB群が豊富なので、疲労回復に役立つアイテムなのです。
ビールのアテだけにしておくのは勿体ないですね(^^♪

デザートは、ほくほくカボチャとこりこり緑豆の食感の違いが美味しさにつながる組み合わせです。

食後のお茶は引き続き、抗酸化作用たっぷりのコンビ、黒クコとルイボスティーのブレンドを。
黒クコ自体にはっきりした香りや味が薄いので、らんぷ店主としてはこれは「ほぼルイボスの味」と思っていたのですが、
何人かのお客さまから「このルイボスティー美味しい!こんなの初めて」といっていただき、もしやこれは黒クコとの相乗効果かも、と今更ながらに考えを改めております^^;

明日明後日は店休日をいただきまして、19日木曜日からはまた、がらりと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、豚肉と夏野菜のフィリピン風しょうゆ煮込み。
疲労回復に効くアイテム揃いで、しかもごはんがばっちり進む味のおばんざいです。
野菜料理はキノコ色々と春雨炒めなど、デザートはクリーミーなゴマプリンを予定しております。
どうぞお楽しみに。






スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ