FC2ブログ
2019-09-24

薬膳ランチ:昨日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20190919_114538.jpg

すみません、ちょっと写真が暗かったですね^^;

さて、お品書きは

ほくほくカボチャとクルミの粒マスタードサラダ
キノコ色々と緑豆春雨のシンガポール風スパイス炒め
薬膳スープ
豚バラ肉とナス・インゲンのフィリピン風しょうゆ煮込み
黒米とモチアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け

そして食後は
IMG_20190923_144017.jpg

白ごまたっぷりクリームプリン
黒クコ入りルイボスティー

以上でございます。
一品目はそろそろ秋の味、カボチャの甘みを粒マスタードの辛みと酸味で引き締めたサラダです。
夏野菜のカボチャですが、お腹を温め気を補い、また丸ごとであれば長期保存ができるので、昔の人は「冬至にカボチャ」と言い伝えたのではないでしょうか。
カボチャのほくほくと対照的なカリカリ感がおいしさアップにつながるクルミを合わせましたが、こちらも秋冬に食べたくなる食材ですね。
加齢を司る腎を補ってくれ、また、形が煮ているところから脳みそに良い、とも言われてきましたが、実際、クルミの油と言うのは脳の神経伝達物質を作るのによい性質の油なのだと近年わかってきたそうです。

お次は、らんぷ店主が昔シンガポールのフードセンターで食べた春雨の炒め物を記憶を頼りに再現してみたもの。
コリアンダーやターメリック、クミンなどなどのスパイスを使った、いわば「カレー春雨」です。
夏の暑さ疲れで消耗した気を補うきのこ類を色々取り合わせ、彩りとビタミン補給を兼ねて赤いパプリカも細切りにして混ぜ込みました。

メインは、まだこの時期身体に残る夏の余熱を鎮めるのにぴったりなフィリピンの煮込みです。
身体に熱をこもらせずに疲れを取る豚肉に、涼性で血の滞りを解消するナス、水はけを良くするインゲン豆、気血をスムーズに巡らせる玉ねぎの千切りも加えて、ごはんに合うしょうゆベースの味付けでじっくり煮込みました。
酢も入っているので、疲労回復力がさらに高まるうえ、豚バラ肉の脂のしつこさも中和されます。

デザートは、白ごまをすったものをたっぷり入れたクリーミイなプリンです。
見た目では判りにくいのですが、ひとさじすくって口に入れるとゴマの香りが口中にふわっと広がるせいか、「わー、ごまたっぷり、濃厚!」とお客様に好評でした(^^♪

食後の養生茶は引き続き、黒クコをブレンドしたルイボスティーを。
どちらも抗酸化作用成分たっぷりのアイテムですね。

明後日26日木曜日からはまた、がらりと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、色々キノコをたっぷり入れたタイの赤カレーの予定です。
野菜料理も少しずつ肺を潤す秋対応にシフトしていきます。
どうぞお楽しみに。



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ