FC2ブログ
2019-08-25

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20190823_132245.jpg

お品書きは、

キュウリとニンジンのアチャール
ナスと春雨炒め
薬膳スープ
厚揚げと豚バラ肉の香港風高菜しょうゆ煮込み
黒米とモチアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け

そして、

IMG_20190711_141211.jpg


デザート:八宝みつ豆・夏バージョン
ベトナムのハス茶

以上でございます。

一品目のアチャール、インドネシアのほんのりカレー風味のスパイスが効いたピクルスサラダです。
清熱と利水の働きのあるキュウリと疲れ目に良いニンジンの細切りをマスタードシードやターメリック、ジンジャーなどと一緒に炒め合わせて冷やしたもの。
蒸し暑い日にもついつい箸がのびるスパイシーで後口さっぱりのおばんざいです。

お次はナスと春雨の炒め物、見た目黒ずんでいますが、ナスの色素が春雨に移ってこんな色に^^;
でもこの色素、「ナスニン」と言うちょっと笑っちゃうネーミングですが、これもまた抗酸化作用のあるポリフェノールの一種だそうです。
漢方薬膳的にはナスは瘀血(おけつ)、血の滞りを解消する働きがあるとされます。
春雨の原料は緑豆ですので、清熱と解毒の働きを持ちます。
干し貝柱の旨みと、香港のチリソースを使って炒めているので、ビジュアル的には判りませんが、食べているとほんのりピリッとした味わい+貝柱の出汁の旨みが楽しめます(^^♪
ナスと緑豆春雨、どちらも冷やす力が強めの食材ですが、加熱調理して食べることで、お腹の冷やしすぎを防ぎます。

メインは、健康長寿ランキング上位と言われる香港のおばんざいです。
豚バラ肉と厚揚げを、高菜漬けとしょうゆの旨みでじっくり煮込んだもの。彩りと栄養アップも兼ねて旬の枝豆を散らしています。
麻婆豆腐に代表されるように中華圏、そしてタイやベトナムでもこうした豚肉と豆腐(厚揚げ)などを一緒に使う料理は割と多いのですが、西洋栄養学的に見ても、アミノ酸バランスが整いやすい理想的な組み合わせだそうです。
カラダにいいのどうのこうの、という理屈はさておいても、この煮込み、とにかくごはんに合って食が進むので、らんぷ店主個人的にもお気に入りの一品ではあります(^^♪

デザートは、清熱と解毒の緑豆を多めにブレンドした、夏バージョンの八宝みつ豆。
食後のお茶は、すっきりとした香りがホットで呑んでも涼やかな、ベトナムのハス茶です。

1,2日前から猛暑激暑が少し和らいで、朝晩は外の空気が気持ちいいように感じられる奈良きたまちです。

お知らせの通り、明日26日(月)から30日(金)まで、店舗は夏季休業いたします。
27日(火)には、夕方5時半ぐらいから、近鉄奈良駅近くの「遊山ゲストハウス別館」敷地内にて開催される「清すく酒場」で、料理を提供いたします。
お隣のヴィーガンスイーツ工房Somiさんのオーナーが、酒場の女将として美味しい日本酒をセレクト。
あじあの薬膳おつまみとのマリアージュどうぞお楽しみください。



スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ