FC2ブログ
2019-08-06

薬膳ランチ:昨日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20190801_122533.jpg

お品書きは、

冬瓜の干しエビ炒め冷製
キュウリとコーンと黒ラッキョウのサラダ
薬膳スープ
夏野菜たっぷりアラブ式チキントマト煮込み
黒米とハトムギ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け

そして、

IMG_20190518_130443.jpg

デザート:パイナップルとロンガンのゼリー・ココナッツソース添え
ライチ紅茶

以上でございます。

猛暑と熱帯夜で、お疲れがたまっている方も多いのではと思います。
消化しやすくバランスのとれた食事で、夏バテを美味しく防ぎたいですね。

さて一品目は、湿気で重だるい体の水はけを良くして必要な潤いも補給できる夏の強い味方、冬瓜です。
相性の良い干しエビとネギやニンニク、ショウガなどを炒め合わせて冷たくし、口当たり良く仕上げました。
冷やす性質のある冬瓜を冷たくしているわけですが、組み合わせたほかの食材がエビをはじめすべて温性のものなので、冷えすぎを防いでくれます。よく噛んで口の中で冷たさを楽しんでいただくのも、美味しく食べてお腹を冷やさない良い方法ですね。

お次はこれまた利水作用のあるキュウリとコーンを、ラッキョウの自家製黒酢漬けを刻んだものと和えて「食べるドレッシング」にして、シャキシャキのモヤシの上に載せました。
ラッキョウはお腹を温めて胃腸の冷えを防ぐだけでなく、夏に負担のかかりやすい心臓の疲れもフォローしてくれます。
6月ごろに出回る生のラッキョウを酢漬けなどにして、夏の盛りに食べごろになるのは実に合理的な流れなんですね。
藍布では甘さをぐっと控えた黒酢漬けにしています。黒酢にはクエン酸やアミノ酸が豊富なので、夏バテ防止の強い味方です。

メインは、ズッキーニやピーマン、ナスなどカラフルで抗酸化作用たっぷりの夏野菜をメインにした、ちょっとエキゾチックなスパイス香るチキントマト煮込みです。
サローナと言うサウジアラビアなど中東で食べられているトマトシチュウのような煮込みを元にしたもので、現地では羊肉で作ることも多いですが、日本の夏に温熱作用の高い羊肉はちょっと控えたいので、消化にも優しい鶏肉を使いました。

デザートは、体を潤すパイナップルとトロピカルフルーツながら乾燥させて生薬としても用いられるロンガン(龍眼)をあわせて爽やかなゼリーに仕立て、ココナッツのソースをかけました。

食後の養生のお茶は、ライチの自然な香りをブレンドした紅茶を。

今日明日は店休日をいただきまして、明後日8日木曜日からはまた、がらりと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、ナスとヤングコーンのタイ風ココナッツ緑カレーを予定しています。
どうぞお楽しみに。

※お盆期間も、定休日以外は通常営業いたします。
8月最終週にちょっと夏休みいただきますが、また追ってお知らせいたします。



スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ