FC2ブログ
2019-06-11

薬膳ランチ:昨日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20190610_103149.jpg

お品書きは、

アラブ式ラタトゥイユ冷製
レンズ豆とコーンとキュウリのスパイスサラダ
薬膳スープ
豚肉と厚揚げの香港式高菜しょうゆ煮込み
黒米と香り米入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け

そして、

IMG_20190610_123744.jpg

パイナップルとクコの実のゼリー・ココナッツソース添え
ベトナムのハス茶

以上でございます。

一品目は、ナスやインゲン、玉ねぎなどをトマトと中近東風のミックススパイスで煮込んで冷たくした、
夏を感じる野菜料理。
体にこもる熱を冷まして潤いを与え、紫外線ケアにも役立つ食材ぞろいです。

お次は、体の中の水はけを良くして湿気を取る働きのある組み合わせのサラダ。
こちらも、クミンやコリアンダーをほんのり利かせて、蒸し暑い日にも食欲が進む味付けにしています。
これから旬を迎えるウリ系の野菜やトウモロコシは、湿度の高いモンスーン・アジアの夏を乗り切るのに欠かせない食材です。

メインは、豚肉と厚揚げ、枝豆を高菜としょうゆで煮込んだ香港のおばんざい。
高菜の塩気と発酵の旨みが豚バラ肉と好相性で、ご飯が進みます。
蒸し暑くなってくるとさっぱりしたものばかりをついつい選びがちですが、基本のご飯やたんぱく質も、ある程度しっかり摂ることが夏の暑さや湿気に負けない体づくりに欠かせません。
豚バラ肉をじっくり煮込む段階で、余分な脂は取り除いているため、コクは残しながらも胃に負担をかけずに召し上がっていただけると思います。

デザートは、果肉のザクザク感を残したパイナップルと、彩りにクコの実を合わせたさわやかなゼリーに、相性の良いココナッツミルクのソースを合わせました。
体を中から潤して、厚さ負けを防いでくれます。

今日明日と店休日をいただき、13日木曜日からはまた、がらりと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、夏野菜が主役のフィリピン式ピーナッツ風味のビーフシチュウです。
洋食のビーフシチュウとは一味も二味も違う、コクがありながら後口の軽やかな煮込みです。
どうぞお楽しみに。



スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ